野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

選手の実力を「見る目」



昨日も言った通り、私の「選手を見る目」は素人である。ブルペンで投球を見ても、ゲージで打撃練習を見ても「速い球」「よく曲がる変化球」「すごいライナー」などはわかるが、それがNPBの一軍で通用するレベルなのか、そうでないのかはわからない。続きを読む

Spaiaで大選手のチームメイト「最後の5人」について書いています

G-5nin


よくこんなマニアックな記事を書かせてくれたものである。澤村、川上、ONまではチームメイトつながりで続くのだが、王貞治と原辰徳は1年の差でチームメイトではななった。うーん残念。

亀井善行、引退か



まだ確定情報ではないが、新潮が報じている。

巨人の生え抜き最年長選手である亀井善行(39)が、今季限りで引退する意向を固めているという。巨人一筋17年の選手がユニフォームを脱ぐことは寂しい限りであるが、彼を重用する原辰徳監督(63)の采配にはファンからも疑問視する声が絶えない。

続きを読む

武田健吾、戦力外



一軍で出場中に通告された。「何も考えられない。頭が真っ白」とのことだが、この成績から考えても当然のような気がするが。続きを読む

ドラフト会議の「どきどき」



よせばいいのに、今年もドラフト指名有望選手がいる独立リーグの記者会見に行く。昨年は徳島インディゴソックスだったが、今年は火の国サラマンダーズだ。記者発表は熊本市内のホテルだ。

続きを読む

「残念な気持ち」



NHK
オリックスとソフトバンクが技術実証チケット販売 巨人は応援団許可続きを読む

ランニングホームラン



英語でいうとInside-the-park home run。ランニングホームランは、日本でしか通用しない。そもそも普通の本塁打でも「走らないと」点は入らない。ただ、語感としてはよくわかる。

続きを読む

Number Webで徳島のドラフト候補について書いています。

Tokusima-Number


NPBへの選手の輩出を最優先する徳島ならではの選手育成。「足だけ」「肩だけ」の異能選手を売り出している。独立リーグとしては「あり」である。

試合に入り込んでいる村上宗隆



神宮で2試合観たが、出場選手の中で一番集中しているのは村上宗隆だと思った。続きを読む

長谷川勇也、引退



おそらく、野球ファンなら口をそろえて「いい選手だった」というのではないか。続きを読む

ヤクルトの明るさ、元気さ



昨日も神宮球場。カードの切り替わりで阪神戦である。

続きを読む

澤村拓一がポストシーズンのロースターを外れたのは、仕方がない



日本では意外なように思われているが、レッドソックスのポストシーズンのロースターから澤村拓一が外れたのは、仕方がないと思う。続きを読む

橋本聖子の「引かれ者の小唄」



トップアスリートとしての橋本聖子は、内心忸怩たる思いではあったのだろう。後輩アスリートにまともなステージを与えることができなかったのだから。続きを読む

こりゃ、ヤクルト優勝だ



神宮でのヤクルトの5連戦、長谷川晶一さんは球場近くにホテルを取って通っているそうだ。客席のどこかにいるんだろうな、と思いながら三塁側に座った。続きを読む

むむ、第6波?



1週間に1回程度、東京、大阪の連続する1週間の新規陽性者の推移について書いているが、自分で作っていていうのもなんだが、だんだん見方が分かってきた。

続きを読む

巨人、謎の配置転換はだれの癇癪か?



日刊ゲンダイ
 阿部慎之助二軍監督(42)が5日、一軍作戦コーチに配置転換となった。代わりに二岡智宏三軍監督(45)が二軍監督代行を務め、11日に始まるフェニックス・リーグの指揮を執る。石井琢朗一軍野手総合コーチ(51)は三軍野手コーチに配置が変わった。続きを読む

「死球禍」



千葉ロッテの若手成長株、藤原恭大が打撃不振に苦しんでいる。これには明かな「原因」がある。続きを読む

「引退試合」問題はそこではない



スマートフラッシュ
斎藤佑樹 松坂大輔もまだなのに…球団が“引退試合”開催を最速で決めた“当然の理由”
ようやくこのおかしな状況に異論を唱える記事が出たかと思ったが、そうではなかった。続きを読む

「親ガチャ」と野球



「モーニングショー」でこの話題をしている。親の所得や学歴、生まれた地域などによって子どもの可能性が限定され、将来が決まってしまうということだ。続きを読む

中井大介は引退



1989年生まれだから、菅野智之や小林誠司と同世代。実は当代屈指の「二軍の名選手」ではある。続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
豊川遼 語学×野球のフロンティア toyokawa
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
LOGO-COVID19
sportiva
yakyuiku-Logo
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ35年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ