野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

日本の「学校部活」に潜む責任放棄



うちの母親はスポーツと縁がなかった。父親はスポーツ万能だったが仕事人間だったので、息子の躾にはほとんどタッチせず、ときどき殴るくらいだった。続きを読む

白根尚貴のこと



今年DeNAを戦力外になった白根尚貴について、私はまるでジグソーパズルのようにぱらぱらと断片的なことを知っている。

続きを読む

東洋経済ONLINEにて、トライアウトの変化について書いています。

Try-out Keizai


トライアウトをやっていたタマホームスタジアム筑後には、スーツ姿のビジネスマンが、パンフレットを入れた紙袋をもって多数集まっていた。そういう人に片っ端から話を聞いて書いた記事。中には警備中の私服警官や、警視庁第4機動隊野球チームの監督もいた。



ブラッド・エルドレッドと契約せず



松坂世代だからかなりのベテランではある。この外国人選手は珍しい使われ方をした。

続きを読む

「暴行」と「鉄拳制裁」に違いなどない



デイリー新潮
「熱血指導」は許されても、殴る蹴るはご法度なのは今や当然のことながら、ほんの少し前まで野球界でも「鉄拳制裁」が珍しくなかった、というのもまた野球ファンなら誰でも知っていることだろう。続きを読む

"気の抜けたビール感"は否めなかった日米野球



マッティングリー監督も、選手たちも「手を抜いていた」わけではないだろう。しかしいかんともしがたい戦力差があったのは事実だ。続きを読む

松井秀喜は「ユニハラ」に困っている?



J-CASTニュース
日米野球の試合が連日行われている中、米大リーグ(MLB)代表チームの1塁ベースコーチを務める松井秀喜さん(44)が、たびたび「いつ巨人のユニフォームを着るのか」といった質問を受けている。
苦笑いで返答を濁す松井さんの姿に、一部ファンからは「聞くの止めようよ」「しつこい気がする」といった声が上がっている。
続きを読む

Number Webでラミレス監督の采配について書いています

Ramirez


ピタゴラス勝率との差が3年間で10勝。彼の采配には、何らかの強みがあると考えている次第だ。
基本的に楽しいので好きだ。

ナゴヤドーム日米野球。若い選手の活躍を楽しんだ。



野手陣は三役格のモリーナを除いて平幕クラス、投手陣は平幕上位のマエケンを除いて、十両クラス。
今年の全米オールスターはこういう感じだろうか。

続きを読む

酒井弘樹、自分の選手を打擲す



セカンドキャリアについて明るい話題を紹介したばかりなのに、何とも残念な話である。

続きを読む

トライアウトから見えた意外に明るい未来



トライアウトは年々盛況になっている。昨日の筑後は、3000しか客席がなかったがついに札止めになった。

続きを読む

フィリーズ黄金時代を回顧する



アメリカン・リーグは最近「王朝」みたいなのはないが、ナショナル・リーグは90年代のブレーブスや、2007年から2011年のフィリーズのように強大な「王朝」ができることがある。
アトリーのことを書いてフィリーズの全盛期を振り返ってみようと思った。続きを読む

チェイス・アトリー引退



もう40歳になろうとしている。大卒で20代半ばのメジャーデビューだったからキャリアはそれほど長くはなかった。

続きを読む

廣岡達朗の存在感



昭和7年2月生まれ。金田正一よりも2学年、野村克也、長嶋茂雄よりも4学年もうえの廣岡達朗は、相変わらずかまびすしい。

続きを読む

ジョー・マウアー、35歳で引退。



イチローと10歳違いの35歳での引退はあまりにも早い。お金持ちになってしまって、モチベーションがなくなったということだろうか。修正

続きを読む

体質が変化しつつある「プロ野球」という企業



この間、あるパ・リーグ球団の広報と打ち合わせをしていたら「他球団も回られるんでしょ?」と聞かれた。「そうです」と答えると「大変ですよね、特にセの球団は」と言われた。

続きを読む

今年のトライアウトは豪華版



13日にソフトバンクの二軍球場である筑後で行われる。行くつもりだ。

続きを読む

ゴールデングラブ賞の答え合わせ セ・リーグ



セ・リーグのGG選手の守備成績も見ていこう。



続きを読む

ゴールデングラブ賞の答え合わせ パ・リーグ



パ・リーグ各ポジションの守備成績に、今季ゴールデングラブ賞の得票を重ねてみた。

続きを読む

2018セ・リーグ QS投手一覧



セ・リーグのQS投手の顔ぶれも見ていこう。続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ