野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

補強は成功したが、 フロリダ・マーリンズ2011年投手|2011年MLBレビュー

ハビア・バスケスをニューヨーク・ヤンキース=NYYから獲得、さらに救援陣を充実させた。補強は成功と言ってよいのではないか。しかし、去年からいる投手が伸び悩んだ。続きを読む

一回り小さくなった フロリダ・マーリンズ2011年打撃|2011年MLBレビュー

来季からマイアミ・マーリンズになるフロリダ・マーリンズ=FLA。しかし、戦力アップの兆しは見られない。相変わらず中の下の打線だった。続きを読む

ようやく日本シリーズが今日で終わる|野球史

統一球のおかげもあって、接戦の好ゲームが続いている日本シリーズ。使える選手、使えない選手が、わずか1日の休日を挟んで変わっていくのが面白い。2チームの選手が研ぎ澄まされていくのがわかる。続きを読む

MLBは進んでるぞ!|野球史

古典的なお家騒動が勃発しているNPBだが、海の向こう、MLBではまたリーグの枠組みを変える改革が発表された。続きを読む

水に落ちた清武|野球史

火曜日に「心配はあるが、当面はGMの仕事をしてもらう」といっていた巨人桃井オーナーだが、金曜日には臨時役員会を経て「解任」の記者発表。2日の間に渡邉恒雄会長が朦朧状態から回復したということか。続きを読む

ちょっとマニアックですが、今年のNPB2軍の打撃成績のEXELLデータです

DLは終了しました。ありがとうございました。
同じフォーマットです。イースタンリーグとウェスタンリーグ。今日から1週間DLが可能です。続きを読む

鳥谷はゴールデングラブにふさわしいか?|2011年NPBペナントレース

そろそろゴールデングラブの表彰が近づいている。今年、遊撃手は鳥谷敬の評判が良いようだ。続きを読む

エース誕生!アリゾナ・ダイヤモンドバックス2011年投手|2011年MLBレビュー

ニューヨーク・ヤンキース=NYY時代に先発に起用され失格のらく印を押されてアリゾナ・ダイヤモンドバックス=ARIにやってきたイアン・ケネディ。183センチと小柄で、速い球もないが、今季は制球力に磨きがかかり、一躍サイ・ヤング賞候補にのし上がった。続きを読む

粗っぽさがやや消えて アリゾナ・ダイヤモンドバックス2011年打撃|2011年MLBレビュー

アリゾナ・ダイヤモンドバックス=ARIと言えば、マーク・レイノルズに代表される荒っぽい打線で知られていた。何しろ100三振以上の打者が6人もいたのだ。今年の地区優勝は、投手陣に負うところが大きいが、打線が少しだけ成長したことも要因だろう。続きを読む

これぐらいで、許したらぁ|野球史

火曜日、巨人の桃井オーナーが宮崎の巨人キャンプを訪れて原監督と2年契約を結ぶとともに、岡崎郁ヘッドコーチの留任も発表した。なんじゃこりゃ、という思いで事態を眺めている人は多いだろう。続きを読む

いい投手陣なのだが  サンフランシスコ・ジャイアンツ2011年投手|2011年MLBレビュー

昨年、サンフランシスコ・ジャイアンツ=SFが世界一となった原動力は、投手陣だった。大きな補強は全くしなかったが、その水準はキープされた。しかし、打線の援護がなかったために、ポストシーズン進出はならなかった。続きを読む

好事、魔多し  サンフランシスコ・ジャイアンツ2011年打撃|2011年MLBレビュー

バリー・ボンズがいなくなってから、投手中心のチーム作りをしてきたサンフランシスコ・ジャイアンツ。打はリーグでも最低クラスだったのが、昨年、バスター・ポージーという強打の捕手が登場し、新人王まで獲得。世界一となった今年はさらなる飛躍を期したのだが。続きを読む

坂井社長らは、昨日、中日が負けてほっとしているに違いない|野球史

3試合とも僅差の勝負。じりじりするような投手戦が続いた。殊勝なことに民放地上波が最後まで放送しているので、リアルに試合を追いかけた人は多いはずだ。このシリーズを、おそらくは座り心地の悪い椅子に座るような思いで見ている関係者がいる。続きを読む

ジョナサン・パぺルボン、BOSを去る|2011-2012オフシーズン

過去6年、ボストン・レッドソックス=BOSのクローザーとして219セーブを挙げていたジョナサン・パぺルボンがフィラデルフィア・フィリーズ=PHIに移籍した。4年5000万ドル。続きを読む

ダルビッシュだって表彰ものだ!|野球史

大方の予想通り、今年の澤村榮治賞は楽天の田中将大が獲得した。沢村賞の受賞基準とされる15勝、防御率2.50、登板数200回、10完投、150奪三振、25試合登板、勝率7割をすべてクリアしたうえに、最多勝、最高勝率、最優秀防御率のタイトルも獲得していたからだ。これに異論のあるはずもない。田中将大があげた成績は、近年まれに見る素晴らしいものだ。続きを読む

勝てる投手陣  ロサンゼルス・ドジャース2011年投手|2011年MLBレビュー

規定投球回数に達し、二桁を上げた投手が4人もいて、ポストシーズンにはるかに及ばなかった。ここにロサンゼルス・ドジャース=LADの特殊な事情が象徴的に表れている。続きを読む

スターはいるが、脇が弱い ロサンゼルス・ドジャース 2011年打撃|2011年MLBレビュー

マット・ケンプが三冠王に最も近い男になろうとは、昨年まで想像もできなかった。三割を打ったこともないし、昨年は170三振だ。まさに大ブレーク。しかし、ロサンゼルス・ドジャースの打撃は、それ以外にあまり語ることがない。続きを読む

日本シリーズ、あの人の顔を思い浮かべながら|野球史

新聞というメディアは、あまり学習しないようで、今年の日本シリーズの予想も、ソフトバンクが圧倒的に有利と書いている新聞が多かった。その根拠として、リーグトップの打率、防御率などを上げているのもほぼ同じだった。続きを読む

ウバルドに振り回される コロラド・ロッキーズ2011年投手|2011年MLBレビュー

昨年、球団史上初のノーヒットノーランを記録したウバルド・ヒメネス。100マイルの速球で一躍スターダムにのし上がったが、すでにシーズン後半には陰りが見えていた。コロラド・ロッキーズ=COLは、この投手に振り回された。続きを読む

おやじの踏ん張り コロラド・ロッキーズ2011年打撃|2011年MLBレビュー

昨年、トロント・ブルージェイズ=TORのホセ・バウティスタと並び称される大ブレークをしたカルロス・ゴンザレスをはじめ、若い力の台頭が目立ったコロラド・ロッキーズ=COL。しかし今年はベテランが踏ん張ったのだ。続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ