野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

競争勃発。ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム野手陣|2012MLBプレビュー

最強打者アルバート・プホルズの加入だけが目立つロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム=LAAだが、DH、内野、捕手などのポジションで実力者同士の激しい競争が起こっている。続きを読む

スマートな補強。ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム投手陣|2012MLBプレビュー

オークランド・アスレチックス=OAKやシアトル・マリナーズ=SEAのがちゃがちゃした補強を見た後だと、ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム=LAAの補強は、投打にポイントを絞ったスマートなものだと実感できる。続きを読む

谷繁元信、ミットの存在感|2011-2012オフシーズン

思えば、2001年オフの谷繁元信の中日ドラゴンズへのFA移籍は、「5強1弱」と揶揄される今の横浜の凋落の端緒だったのかもしれない。続きを読む

未知数で組まれた打線 オークランド・アスレチックス野手陣|2012MLBプレビュー

投手陣はまだ可能性がほの見えているが、野手陣は未知数の要素が多すぎるオークランド・アスレチックス=OAKである。続きを読む

ビリー・ビーンは考えている。オークランド・アスレチックス投手陣|2012MLBプレビュー

昨日紹介したシアトル・マリナーズ=SEAと一見よく似た補強、というかリストラをしたように思えるオークランド・アスレチックス=OAKだが、子細に見るとかなり違う。続きを読む

ジェイソン・バリテック、マスクを脱ぐ|2011-2012オフシーズン

左胸のcの文字が頼もしかった。日本人にはおなじみの捕手、ジェイソン・バリテックが引退した。はっきり衰えていたが、残念だ。続きを読む

蟷螂の斧である。シアトル・マリナーズ野手陣|2012MLBプレビュー

You tubeでイチローの外野守備をまとめて見た。イチローの肩が本当に凄かったのはオリックス時代だと思う。送球は本当に直線で、中ほどから浮き上がるような伸びがあった。最近は山なりでワンバウンドすることも多い。やはりイチローの体力はなだらかに落ちているのだなと思った。続きを読む

ダルビッシュ、えーごを話す?|2011-2012オフシーズン

連日、アリゾナ州サプライズからダルビッシュ有のニュースが飛び込んでくる。テキサス・レンジャーズ=TEXにとって、ゴルファーが新しいクラブを試し打ちするようなわくわく感があるのだと思う。とびきり高くついたクラブだが期待にたがわず、良いパフォーマンスを見せてくれそうだ。続きを読む

あまり期待できない。シアトル・マリナーズ投手陣|2012MLBプレビュー

投手陣だけは良いと言われるシアトル・マリナーズ=SEAだが、一部の投手を除けばそれほど充実しているわけではない。むしろSEAを出た投手が大成するケースが多い。
続きを読む

モリ―ナは 捕手の名なり 春近し|2011-2012オフシーズン

モリ―ナ3兄弟の長男、ベンジーの姿が見えないと思っていたが、引退していたようだ。強肩で、キャッチングがうまく、投手の信頼が厚く、ついでに鈍足。ベンジー・モリーナは捕手になるために生まれてきたような選手だった。現役最終年の2010年にはサイクルヒットを打っているが、その中にはキャリアで6本目の三塁打が含まれている。続きを読む

“公式”は巨人独走|野球の本棚

巨人ファンだったことは一瞬たりともない私だが、巨人がNPBで最も記録を大切にしている球団であることは認めざるを得ない。続きを読む

本当の野球エリートとは?|野球の本棚

山中正竹『小さな大投手』



続きを読む

宮本慎也、何事もなかったかのように|2011-2012オフシーズン

宮本慎也がNPBの試合に初めて出場したのは1995年4月11日の神宮球場中日1回戦、先発石井一久の代打として打席に立ち三振、その後土橋の代わりに二塁を守っている。
2年目には遊撃手にコンバートされ、翌年には池山隆寛を三塁に追いやってレギュラーとなり、以後、15シーズン、何事もなかったかのようにずっとレギュラーの座を保ってきた。
続きを読む

2人の体重が懸念材料 デトロイト・タイガース野手陣|2012MLBプレビュー

アルバート・プホルスと双璧のFA大物だったプリンス・フィルダーが加入。ボストン・レッドソックスに匹敵する強力打線が出現した。続きを読む

純増、順調。 デトロイト・タイガース投手陣|2012MLBプレビュー

11勝を挙げたものの実質的に先発失格だったブラッド・ペニーをFAに。ご存知の通りペニーはソフトバンクへ。それ以外は大きな損失なし。堅実な戦力補強をしたデトロイト・タイガース=DETである。続きを読む

稲葉篤紀の意地とプライド|2011-2012オフシーズン

時間が許せば、試合前の練習風景を見るようにしている。日本ハムで楽しいのは、稲葉篤紀の打撃練習だ。鋭いラインドライブを気持ちよさそうに打つ。スタンドインも何発もある。昨年大阪で何試合か見た限りでは、中田翔よりも飛距離があった。いつもコンディションをベストにしているという印象だ。続きを読む

若い力で迫る クリーブランド・インディアンス野手陣|2012MLBプレビュー

リーグ屈指の強力打線となったデトロイト・タイガース=DETに比べれば見劣りするが、世代交代にはっきり道筋がつきつつあるクリーブランド・インディアンス=CLEだ。続きを読む

含み資産有 クリーブランド・インディアンス投手陣|2012MLBプレビュー

昨年一瞬輝きそうになったクリーブランド・インディアンス=CLE、しかし実力不足でポストシーズン進出はならなかった。今季jは期待できる部分も多い。続きを読む

ライアン・ブラウン50日間の出場停止課せられず、青木ベンチか?|2011-2012オフシーズン

【時事】米大リーグの選手会は23日、ドーピング(禁止薬物使用)の疑いで開幕から50試合の出場停止処分を受ける可能性があったブルワーズの主砲ライアン・ブラウン外野手の異議申し立てが認められたと発表した。調停委員会が同選手の主張を認めた。続きを読む

ついに2012年版を入手!|野球の本棚

『メジャーリーグ・完全選手名鑑2012』





続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ