野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

MLBポストシーズンを予想する ナリーグ|2011年MLBペナントレース

ナリーグも同様に、今季9月の戦績をもとに、ポストシーズンの予測をしてみよう。
続きを読む

MLBポストシーズンを予想する アリーグ|2011年MLBペナントレース

早くも今日からMLBのポストシーズンが始まる。新聞などでは、今年もアリーグはニューヨーク・ヤンキース=NYY、ナリーグはフィラデルフィア・フィリーズ=PHIの下馬評が高いが、毎年のように新聞予想は外れている。
短期決戦は、シーズン通しての実績や、総合的な戦力ではなく、今、使える戦力の組み合わせが大事だと思う。その意味で、直近の9月の戦績を見る方が、予想の確度は高いはずだ。
続きを読む

9月28日の悲劇と喜劇|2011年MLBペナントレース

いや参った!セオドア・ルーズベルトは「野球で一番面白いのは8対7の試合だ」と言ったそうだが、その8対7の試合の中でも、これほどすごい試合は滅多にないだろう。
続きを読む

黒田博樹、シーズンを象徴するような終幕|2011年MLBペナントレース

2日前の記録で恐縮だが、黒田の最終登板について記しておきたい。ポストシーズンに進出したアリゾナ・ダイアモンドバックス=ARIが最後の相手だった。
続きを読む

統一球をやめて、で、どうするの?|2011年NPBペナントレース

“統一球が不評”なのだそうだ。球界盟主の例の老人が、本塁打が出ない試合は面白くない、とのたまい、連盟にアドバイスをするという。
続きを読む

MLB、ポジション別の打撃から見えてくるもの|2011年MLBペナントレース

MLBではポジション別の打撃成績も公開している。これを加工して、両リーグのポジション別の打撃成績を見てみる。つまり、このポジションを守る選手は、このくらい打てば標準的だ、という目安。厳密にはまだ各チームとも3試合程度試合を残しているが、便宜上162試合に換算した。
続きを読む

息がつまりそうな「野球」について|野球史

ここ数日、四国に滞在している。同じホテルに中学生くらいの野球のユニフォームを着た子供たちと、付き添いと思われる大人が多数宿泊していた。ユニフォームの袖には香川県や岡山県の地名の縫い取りがあった。休みを利用して遠征しているのだろう。おそらくはボーイズリーグの一行だろう。
続きを読む

イチローの“終戦”|2011年MLBペナントレース

昨日無安打に終わり、200本安打には残り4試合で20本が必要となった。想定される打席数とほぼ同じ。実質的に200本安打は不可能になったといってよいだろう。ただ、190安打はなんとしても達成してほしい。
続きを読む

松井秀喜は、帳尻合わせに励め!|2011年MLBペナントレース

昨日も松井は4タコだった。この10試合で松井秀喜が打った安打は2本。打点は0。一体どうしたのだ。松井秀喜の2011年はもう終わってしまったのか?
続きを読む

黒田博樹13勝目は今季最高の出来|2011年MLBペナントレース

黒田博樹本来の投球ができていた。黒田の調子のバロメーターは、ゴロでのアウトがいくつ取れているかで見るべきだと思うが、昨日はゴロアウトが11、前回登板は4、その前は5だった。低めに抑制の利いた球を投げることができていたのだ。三振はわずか3。これも黒田の持ち味である。続きを読む

中日はどこへ行こうとするのか?|2011年NPBペナントレース

近年中日を指揮した代表的な3人の監督の成績を並べてみた。続きを読む

本塁打は狙って打つものである|2011年NPBペナントレース

統一球の導入で、NPBの本塁打はほぼ半減した。各打者のパワー不足が露呈した形だが、ひとり西武の中村剛也だけが、本塁打を量産している。続きを読む

不器用な長距離打者たち|2011年MLBペナントレース

MLB日本人選手とのかかわりで、個人的に気になっている打者が二人いる。一人は、シェリー・ダンカン。松井秀喜がニューヨーク・ヤンキース=NYYにいた頃、彼の控えだった選手だ。続きを読む

アンディ・シーツ|クラシックSTATS鑑賞 阪神-75

NPB向きの堅実な外国人選手だった。続きを読む

骨折を押して出場するのは「美談」なのか?|2011年NPBペナントレース

8月26日の阪神戦で捕球の際に右手親指を骨折した東京ヤクルトの捕手、相川亮二は、全治6週間と診断されたが、親指をスポンジで覆い、その上からプラスチック製のキャップをはめて試合に出続けている。

続きを読む

尻に火が付いたボストン・レッドソックス|2011年MLBペナントレース

7月末の段階で、アリーグ東地区首位。2位のニューヨーク・ヤンキースに2ゲーム差をつけ、3位タンパベイ・レイズ=TBとは10.5差だったボストン・レッドソックス=BOSだが、9月に入って負けが込み、ポストシーズン進出が危うくなっている。NYYとは4.5差の2位ながら、昨日も直接対決に負けて、3位TBとの差が2になった。

続きを読む

史上最高のクローザー、マリアノ・リベラ|2011年MLBペナントレース

まだ1位タイの601セーブだが、単独1位になることは確実だ。これでニューヨーク・ヤンキース=NYYのマリアノ・リベラは、質的にも量的にも、MLB史上最高のクローザーになった。
続きを読む

黒田博樹、久々にいいところを見せる|2011年MLBペナントレース

一時はペナントレースのダークホース的な存在だったピッツバーグ・パイレーツ=PITだが、中盤に連敗して馬群に飲み込まれた。とはいえナリーグ中地区4位は大健闘だ。

続きを読む

ダルの敵はダル自身である|2011年NPBペナントレース

ここしばらくワインドアップで投げていたダルビッシュだが、この日はなぜかノーワインドアップで初球を川崎に投じた。147km/hの速球。2球目からは振りかぶったが、忘我に近い、ただならぬ入れ込みようが見て取れた。


続きを読む

梨田監督をめぐる“お茶の間劇場”|2011年NPBペナントレース

北海道日本ハム、梨田昌孝監督が、シーズン中にもかかわらず来季続投の意思がないことを表明した。2期目の2年契約の最終年であり、本人は「シーズン前から考えていた」とのこと。8月初旬に球団に申し入れをしたが、フロントに慰留され、発表が今になったという。

続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ