野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

MLBチームの強さと人気の関係|2011年MLBペナントレース

昨日時点でのMLB各チームのホームゲーム観客数と、昨年の同じ試合数を消化した時点でのホームゲームの観客数を比べてみた。その時点での成績付き。つまり、チームの強さと観客動員数は、どんな関係にあるのか。※は、2010年と2011年のホームゲームの勝差。
続きを読む

やはり松坂大輔が足りない!|野球の本棚

『横浜VS.PL学園』松坂大輔と戦った男たちは今


 続きを読む

松坂大輔が足りない!|2011年MLBペナントレース

2008年シーズンを最後に、松坂大輔はフルシーズンの活躍をしていない。DLを出たり入ったりした挙句、復帰まで一年半と言われるトミー・ジョン手術を受けてしまった。
うまく行っても来年の今頃まで、松坂をマウンドで見ることはない。


続きを読む

黒田博樹の7勝目の意味するところは大きい|2011年MLBペナントレース

「黒田博樹は、サンディエゴ・パドレス=SDとの試合で、彼が残留という選択をしたことが、正解であることを示した」という風な見出しがいくつか躍った。確かに、今回の登板は重要だった。黒田はほぼ完ぺきな投球だった。
続きを読む

斎藤佑樹、沈没寸前も6回0封|2011年NPBペナントレース

先日の高校野球大阪府予選決勝では、前日177球を投げた大阪桐蔭のエース藤浪晋太郎が、格下と見られた東大阪大柏原打線に5失点した。最後は満塁押し出し敗戦と言う結末だった。相変わらず日本のアマチュア野球は球数を抑えるという発想がない。アマチュア野球のエリート街道を走ってきた斎藤佑樹にも、その意識が希薄なのではないかと思った。

続きを読む

日本人MLB投手の7月|2011年MLBペナントレース

さて、投手陣。松坂大輔はもういない。

続きを読む

2011年フラッグシップ・ディールのおさらい|2011年MLBペナントレース

7月末のいわゆるフラッグシップ・ディール(下位球団から上位球団への駆け込みトレード)についてまとめておこう。これは「高級品の取引」という意味だそうだが、優勝の可能性がなくなりチーム立て直しモードに入ったチームから、優勝争いをするチームに実力派の選手がトレードされることだ。トレードの見返りは普通若手選手数人または金銭であることが多い。まず打者。

続きを読む

7月末の「黒田博樹の決断」を考える|2011年MLBペナントレース

黒田博樹は2008年、ロスアンゼルス・ドジャーズ=LADと3年契約を結んだ。3530万ドルと言われる高額契約だった。

続きを読む

東野峻は先発なのか?クローザーなのか?|2011年NPBペナントレース

巨人の開幕投手東野峻は、7月8日の広島戦で先発し、5回3失点で降板。試合後原辰徳監督は、東野にクローザー転向を指示した。しかし、内海哲也の故障によって、7月30日に再び先発に転向した。今季の登板。続きを読む

セットアッパー上原浩治はTEXへ!黒田は残留|2011年MLBペナントレース

ESPNのホームページには、MLB Player Ratingsというコーナーがある。ESPN、Elias、InsideEdge、The Baseball Encyclopediaが、MLB選手を独自の基準で査定し、ランキングを掲げている。最近、このランキングで日本人選手の名前が上位に出ることはまずない。

続きを読む

伊良部秀輝、急逝|野球史

荒ぶる魂、という言葉が浮かんだ。伊良部の周辺には、常にトラブルがあり、日本的なコミュニティを拒絶した、孤独な姿があった。
続きを読む

金泰均退団へ、ホームシック?|2011年NPBペナントレース

外野席から地鳴りのようにとどろく「キム テ ギュン!」に、胸が躍ったのは、ほんの一年前のことだったが、千葉ロッテの金泰均が、退団を表明した。本人は既に韓国に帰ってしまったのだという。「里心」がついて矢も盾もたまらなくなったのだろう。

続きを読む

黒田博樹、絶好調!で13敗目|2011年MLBペナントレース

今、黒田博樹は元気いっぱいだ。腕が振れている証拠に、10個も空振りを奪った。

続きを読む

アリーグ先発陣、100試合時点での考課査定|2011年MLBペナントレース

昨日のCCサバシアは、捕手セルベリの構えるところにほとんどボールが来ていた。それだけでなく、その軌道はえげつなく変化していた。去年の不安定さとは大きな違いだと思った。続きを読む

ナリーグ先発陣、100試合時点での考課査定|2011年MLBペナントレース

MLB各チームはほぼ100試合を消化した。この時点で、各チームの先発投手を俯瞰しておきたい。恐縮ながら、数字並びまくりです。

続きを読む

「マリナーズ イチローがお荷物になっている」という記事について|野球報道

25日、某日刊誌系のメディアに「マリナーズ イチローがお荷物になっている」という記事が載った。

続きを読む

引退してからも競争?MLB殿堂入りレース(下)|野球史

2005年から今年までのMLBの殿堂入り選考経過。投手編。
続きを読む

引退してからも競争?MLB殿堂入りレース(上)|野球史

MLBでは今年も殿堂入りの表彰が行われた。今年はバート・ブライレブン、ロベルト・アロマー、パット・ギリックが栄誉の殿堂入りを果たした。ギリックは競技者としてではなく、GMでの功績だ。しかし彼もマイナー5シーズンで45勝している歴とした野球人だ。このあたりがNPBとは違う。

続きを読む

どこまでつづく…SEAのぬかるみ|2011年MLBペナントレース

MLB記録は23連敗だそうだから、まだ8つあるが、今日からニューヨーク・ヤンキース=NYY戦であることを考えると、シアトル・マリナーズ=SEAの連敗はまだ伸びる可能性がある。

続きを読む

「未来の背中」が見えたオールスター|野球史

オールスターゲーム3試合は面白かった。投手は直球オンリー、打者はヒット、本塁打狙い。現代の野球にまとわりついたさまざまな付属品やオプションを取っ払って、基本セットだけにしたようで、いろいろ考えずに見ることができた。中村剛也は「本塁打オタク」ですね。

続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ