野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

侍が勝っても一杯にならないプレミア12



今日は夕方にTBSラジオに10分だけ出演する。ついでにプレミア12の試合を見ようと考えた。

続きを読む

日本野球に問われる「品格」の問題



「週刊ベースボール」オンライン
「世界」から笑われないために侍ジャパンに求められる“王者の振る舞い”

続きを読む

「あの人達」がわーわー言っているから、セはDHを導入すべき



ま、例によって大げさに言っているのだが
日刊ゲンダイ「OB上原浩治氏も難色…巨人原監督「DH制導入案」が球界で“袋叩き”に」



続きを読む

NumberWebで「12球団合同トライアウト」について書いています。

Tryout


トライアウト、いつまで続くのかわからないが、いろいろ考えることが多いイベントではある。



スポーツマンシップを知らない残念な韓国メディア



日本も韓国も、市井に暮らす人の多くは穏健で、健全で聡明だと思う。問題があるのは、おりこうさんのはずの政権とメディアなのだ。プレミア12をめぐって、韓国メディアがこんなことを言い出している。続きを読む

開星高校の罰走のアナクロニズム



日刊ゲンダイ
「試合に敗れた直後でした。帰りのバスに乗ろうとした部員に対し、同校の山内弘和監督(44)が『学校まで走って帰れ!』と激しい口調で叱責。球場から学校までの約30キロの罰走を命じたのです。部員たちは宍道湖沿いの国道431号(通称・湖北線)を走って学校に向かった。試合に来ていた観客も含め、多くの人がその光景を見ています」(地元関係者)

続きを読む

あっさり終わった今年のトライアウト



NPB12球団合同トライアウトはだいたい午後2時過ぎまでやっているのだが、今年は1時20分ころに終わった。参加者が昨年より5人少ない43人だったこともあるが、進行がかなり早かった。

続きを読む

韋駄天、周東売り出す



昨年、一昨年とソフトバンクの二軍戦を見ることが多かった。周東はとにかく目立った存在だった。

続きを読む

eBASEBALLのことは、知りませんよ



私は一瞬だけゲームに夢中になった時期があった。「ゼルダの伝説」の1作め辺りだ。しかし「あ、これは実生活がやられる」と思った。

続きを読む

「KANO」は回っていたぞ



今年も結構いろんなところに出かけた。勿論、野球がらみの出張がメインだったが、それ以外の一般企業の取材も結構あった。



続きを読む

Number Webでプレミア12の各国の顔ぶれについて書いています。

P-12 Number


よく考えてみれば、今活躍している侍の選手の多くは、台湾での活躍がきっかけとなって注目されたのだ。そういう意味で台湾は出世の花道ではある。

松坂大輔は「イチローパターン」



日刊スポーツ
西武が中日を退団した松坂大輔投手(39)を来季獲得することが、9日までに決定的となった。球団は、同投手が自由契約となった直後から調査を継続。複数の関係者の話を総合すると、西武側は契約条件をそろえた上で、12日の合同トライアウト後、即座にアタックする準備を整えている。松坂側も条件面については今季からの大幅減俸を覚悟しているとみられ、契約合意に支障はない見込みだ。

続きを読む

野球の試合における「応援」というコスト



今年は、韓国と台湾と日本の野球を観戦した。いずれの試合でも目立ったのは、大観衆がそろって応援するシーンだ。何度も言っているように、私はこれが大嫌いだが、それを言っていては野球を見ることができないから我慢をしている。

続きを読む

菊池涼介に対する「忖度記事」



菊池涼介のMLB挑戦について、メディアはみんな言いにくそうな感じで取り上げている。専門家たちはみんな心の中では「通用しない」と思っているのだが、そうは言えないから、奥歯にものの挟まったような言い方をしている。
珍しく中日新聞がシビアな記事を書いているが。
メジャー挑戦の広島・菊池涼介に米メディアは辛らつ 「日本球界でも平均的な打者。強肩ではなく守備は二塁限定」さらにFA市場は二塁手の宝庫



続きを読む

加藤豪将は、プロスペクトではなくなった



日本とアメリカの二重国籍の加藤は、マイナーFAとなった。

続きを読む

東洋経済オンラインで「ポニーリーグの改革」について書いています

toyo-Pony


ポニーは少年野球の最先端を行っている。あの廣沢さんがここまで変わるとは、ちょっと驚いた。
古島弘三先生の力が大きいのだが、那須事務総長も相当なやり手だと思う。



菊池涼介のMLB挑戦は無謀だ



プレミア12でもいい動きを見せて入るが、この挑戦は無謀だ。

続きを読む

清原和博を担ぎ上げるのは早すぎる



個人的な見解だが、私は清原和博については、よほどのことがない限り許したくないという気持ちを持っている。どれほど野球のイメージを毀損したか。日本一の「野球馬鹿」だったと思う。

続きを読む

FRIDAYデジタルでプレミア12のメディアについて書いています

Friday 12


例によって、興味があるのは日本だけ。実は日本は一番気楽な立場なのだが「絶対に負けられない」と空騒ぎしている。これで野球ファンが増えるだろうか?

台湾にはもどかしい敗戦



本当に「満員札止め」になった。チケット売り場の周辺にはダフ屋が出ていた。

続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
Toyokeizai
sportiva
Full
yakyuiku-Logo
spportunity
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ