野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

マエケン浮上のカギは「打たせて取る」|2011年NPBペナントレース

“投手バブル”というべきだろうか。投手が軒並みすばらしいSTATSを残している今年のNPBにあって、一人成績を落としている感があるのが前田健太だ。
続きを読む

猛将ディック・ウィリアムス死去|野球史

70年代後半からMLBを見ていた世代にはおなじみの、監督ディック・ウィリアムスが死去した。こう言うタイプの監督は日本にはあまりいないのではないだろうか。


続きを読む

黒田博樹、10敗目|2011年MLBペナントレース

珍しく、気負いが感じられた昨日の黒田博樹である。

続きを読む

最後の100ページの早いこと早いこと!|野球の本棚

海老沢泰久『監督』


監督 (文春文庫)
監督 (新潮文庫)

続きを読む

左打者は左投手を打てないか?|2011年MLBペナントレース

左打者が有利なのは、一塁に半歩近いということと、投手の大半が右投げだからだとされる。打撃タイトル争いでも左打者がやや有利。しかし、左打者の泣き所は左投手。左投手が極端に打てないと、レギュラーの座は難しい。

今季、MLBで70打席以上左投手と対戦した左打者の成績を見てみる。打率順、対右投手の打撃成績と、その差も載せた。赤字は左投手の方が成績が悪い打者。まずはアリーグ。





売り出し中のDETブレナン・ボッシュは左から.351。大打者の仲間入りをしつつあるNYYのロビンソン・カノが.347。久々に好調のデービッド・オルティーズがこれに続く。ホアン・ピエールやコーリー・パターソンは、むしろ左投手を得意にしていることが分かる。

こうしてみると、アリーグで見る限り、左打者は左投手が苦手だとは言い切れないことが分かる。イチローも松井秀喜も左投手の方が打率が上なのだ。

ただ、今季苦しんでいる左打者、MINのモルノー、BOS新加入のクロフォードは、左投手が打てないことが、最大の課題だろう。

続いてナリーグ。



昨年のMVPボットは、左投手から打率を稼いでいる。ただ、ナリーグは左投手を苦手とする左打者がやや多いようにも思われる。昨年、一時三冠王をうかがう勢いだったLADのアンドレ・イーシィアの今季の不振は左投手が打てないことに起因する。

新人王を取ってから伸び悩んでいるFLAのクリス・コグランと、かつてのスーパースターで、最近は低打率にあえぐTBから移籍したCHCカルロス・ペーニャの二人は、左投手にまったく通用していない。CHCは、左に弱いという理由で福留孝介の出場機会を削っているが、守備位置を考慮に入れなければ、むしろペーニャこそ下げるべきだということが分かる。

この記録から見えるのは、左打者は、不振になると左投手が打てなくなる、ということかもしれない。また、「左打者は左投手に弱い」は、二流の打者にのみ通用する原則だといってもよいだろう。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!




若いってのはいいなあ!シアトル・マリナーズ|2011年MLBペナントレース

今、シアトル・マリナーズ=SEAとオークランド・アスレチックス=OAKの試合が行われている。イチローは3試合連続マルチヒットそして盗塁。しかし、見れば見るほどSEAの打線は様変わりしたものだ。ちょうど1年前の7月5日、カンザスシティ・ロイヤルズ=KC戦のオーダーと比べてみる。

続きを読む

イチローは今年、選ばれなくてよかったのである|野球史

昨年まで、MLBで10度以上オールスターゲームに選出された選手は62人いる。その中で、デビューから100%選出され続けた選手はジョー・ディマジオとイチローの2人だけだった。

続きを読む

恐るべき転校生、エイドリアン・ゴンザレス|2011年MLBペナントレース

昨オフのストーブリーグ最大の話題だったのは、サンディエゴ・パドレス=SDの左の強打者エイドリアン・ゴンザレスのボストン・レッドソックス=BOSへの移籍。

続きを読む

黒田博樹、5/17以来の6勝目は実に簡単だった|2011年MLBペナントレース

6/25に続いてのロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム=LAA戦。打順は大きく変わっていたが、顔ぶれは変わらない。そして黒田博樹の投球もかなり違っていた。

続きを読む

しょぼしょぼ!日本人MLB野手の6月|2011年MLBペナントレース

西岡剛が復帰して、MLBでプレーする野手は4人になった。その6月の記録。グレーは昨年。

続きを読む

一進一退、マイナーからMLBを目指す日本人投手|2011年MLBペナントレース

続いてマイナーで投げながらMLB昇格、移籍を目指す日本人投手の6月。

続きを読む

上で投げた投手は元気!日本人MLB投手の6月|2011年MLBペナントレース

もう松坂大輔の姿を来年まで見ることがないかと思うと悲しい。今年も2回だけだが、素晴らしい投球をしたのだ。それが、トミー・ジョン手術とは信じられない。

続きを読む

大村三郎の巨人移籍に思う|2011年NPBペナントレース

サブローこと大村三郎は、94年PL学園からドラフト1位で千葉ロッテに入団している。この年、PLからドラフト指名されたのは大村だけ。同期同年で一番評価が高かったのは北陽高校の嘉勢敏弘だった。

続きを読む

持ってなくてもいい!斎藤佑樹|2011年NPBペナントレース

ポイントは、斎藤佑樹の相方が正捕手の大野奨太や鶴岡慎也ではなく、今成亮太だったこと。1軍昇格寸前の6月21日のファーム巨人戦でバッテリーを組んだが、このときに何らかの合意があったのかもしれない。少なくとも昨日の斎藤は、大野奨太と組んだこれまでとは大きく異なっていた。

続きを読む

今、NPBに起こっている大異変/パリーグ|2011年NPBペナントレース

パリーグのパワーバランスの推移。


続きを読む

あの日の野球場に連れてって!|野球の本棚

坂田哲彦『昭和レトロスタジアム』





続きを読む

大投手時代到来の予感|2011年NPBペナントレース

6月は、防御率0点台の先発投手がセパで4人も出た。調べたわけではないが、近年まれな記録ではないか。言わずと知れたダルビッシュと田中将大。ヤクルトの館山、そしてダルの同僚武田勝も投球回は少ないが素晴らしい投球。

続きを読む

何ももらえなかった黒田博樹|2011年MLBペナントレース

ロスアンゼルス・ドジャース=LAD対ロスアンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム=LAAの交流戦。5回裏1死満塁、得点差1点。この回まで74球2失点の黒田博樹の打順で、LAD監督のドン・マッティングリーは、ケイシー・ブレークを代打に送った。ブレークは4球目をセカンドライナー、飛び出したA.Jエリスもアウトになって一瞬でチェンジ。昨日も黒田博樹は何ももらえなかった。
続きを読む

門田博光の怒声を聞いた夜|独立リーグ

私にとって門田博光は特別の選手だった。南海ホークスの最後の4番打者として、不惑を過ぎても素晴らしい活躍をして、胸のすく思いをさせてくれた。思えば、ペナントレースとともに毎日を生きたのは、あれが最後だった。

続きを読む

斎藤佑樹は、まだ「持っている」か?|2011年NPBペナントレース

左内腹斜筋の筋挫傷、つまり脇腹を痛めて2軍調整していた斎藤佑樹が、6月29日に1軍復帰して投げると言う。結局、交流戦の期間をまるまる休んだことになる。ダルビッシュの怪物的な投球があり、ソフトバンクの圧勝があり、すっかり影が薄くなった感がある。1、2軍を通じての斎藤佑樹の公式戦の記録。
続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ