野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

ジャック・カスト OAKに残留。1月7日 |記録庫2009

97年に1順目でARIと契約。マイナーで1000試合以上経験するなど出世は遅かったが、2007年OAKに移籍してMLBに定着。打率は低いが本塁打が多く、三振、四球がともに多いなど、アダム・ダンと相似形の打者である。三振数は4割に達している。265万ドル+出来高で1年契約。守備も苦手だが、スラッガーとしては割安なのがOAKむきだ。

 Jack Cust

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

ラス・アダムス TORからNYMへ 1月5日 |記録庫2009

2002年の1順目でTORへ。右投げ左打ち。打撃の良い遊撃手として将来を嘱望され、2005年にはレギュラーに定着するが、左投手に極端に弱いのと、守備が下手なことで次第に出場機会が減っていった。左投手の通算打率は2割に満たない。またレギュラーだった2005年はSSで26失策。2B、3Bでもうまくいかず、2009年は外野を守っていた。マイナー契約での移籍。対右の代打要員からスタートか。

Russ Adams

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

オースチン・カーンズ WASからCLEへ。1月5日。|記録庫2009

CLEは野手の再生工場を目指すようだ。100万ドル前後で、98年1順目でCINに。バッティングはややパワー不足だが、外野守備の名手として知られた。足も速く、ダイビングするなどハッスルプレーで人気がある。2009年は控えに回っていた。マイナー契約は実力を考えると、やや気の毒な感じもする。

 Austin Kearns

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

シェリー・ダンカン NYYからCLEへ。1月5日。|記録個2009

2001年2順目でNYYへ。一度もレギュラーになったことはないが、派手なハイタッチなどでNYYでは印象に残る選手だった。2007年に10試合で5本塁打の活躍を見せるが、スターぞろいのNYYでは出番は限られていた。AAAでは2009年30本塁打を打つなど、強打者で知られる。マイナー契約。

 Shelley Duncan

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

トロイ・グラス STLからATLに。1月5日|記録庫2009

97年の1順目でANAに入団し、2000年に2年連続40本100打点を上げるなど、若手強打者の代表格だったが、故障が多い。2008年オフには肩の手術をして2009シーズンの後半には出てくる予定だったが、これが遅れた。フリースインガーであまりチームプレーをしないという評価もあり、175万ドルの1年契約でATLに。フルシーズン普通に出場できれば、まだ30本はいける打者である。3Bではなく1Bで起用されるようだ。

Troy Glaus

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

ミゲル・オリーボ KcからCOLへ。1月4日。|記録庫2009

2009年WBCのドミニカ代表のマスクをかぶった。一時期SEAにも在籍。2006年からレギュラーの捕手となる。強肩で鳴らし、捕手としては長打力もあるが、リードに難があるとされてきた。200万ドルの1年契約。2011年は球団側にオプション権。

Miguel Olivo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

FA市場の大物選手|2010年の戦力分析-04

本日時点で契約していないFA選手の主要なところをリストアップしてみた。250人ばかりいるFA選手の内、タイプA、タイプBで残っているのは野手17人、投手11人。

Ageは2010年に迎える年齢である。

FA-F


FA-P



タイプAはポジション別ランキングで20%以内、Bは40%以内。過去2年のSTATSで振り分けられる。この2つのランクの選手の移籍には、来季のアマチュアドラフトの指名権がかかわってくる。(このあたり、十分に理解しているとは言えない。誤りがあればご教示願いたい)

もっとも、ABに含まれない、つまり過去2年間成績を上げていない選手でもRオーレリアや、Rバルデッリなどの実績ある選手も売りに出ているが、概ね主要なFA選手はここに出ていると言えよう。

全員が30歳以上。実績を上げている選手も多いが、いわくのある選手も多い。Mテハダなどは、ある時期まではリーグを代表するSSだったが、ステロイド疑惑後は、リスキーな存在と言っても良いだろう。

この中には、2009年シーズン前も開幕直前まで所属が決まらなかった選手が何人かいる。オルランド・カブレラ、オルランド・ハドソン、ギャレット・アンダーソンがそれだ。3人ともに守備でも攻撃でも十分な実績を上げているが、年齢とともにパワーダウンは否めない感がある。LADは、ハドソン、ベリアードという2人の2BがFA状態。それも含めて4人のタイプABのFAは最多である。

こうしてみると、マット・ホリデーがいかに価値が高いかが良くわかる。今後のFA市場は、彼を中心にまわるのだろう。

また、年齢を考えれば、SEAではあれだけ不評だったベルトレも価値が高いことが分かる。また、ラローシュも買い手がつきそう。デーモンは、相当な年齢だなと思う。投手ではガーランド、バルベルデ、グレッグが価値が高そうだ。

ゲレーロ、ベダードあたりは、シーズンをフルに戦えるのか、が焦点になる。

チームが来季構想を考える上で、優先順位が低いと判断された選手が多い。ごく一部を除いて、大幅年俸ダウンが予想されるのだ。

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


 

カート・スズキはどこが良いのか?|2009年の注目選手-04

ハワイ出身のスズキは、カリフォルニア州立大フラートン校での3年目に好成績を上げて、OAKの2順目で2004年に入団している。55万ドルのボーナス付きだった。彼はキヨシという日本名も持っている。

セイバーメトリクスの権化ともいうべきOAKが彼を高く評価したのは、何よりUCLA時代の出塁率の高さだろう。

Kart-01

打者としては三振が少なく、シュアなバッティング。しかも長打力がある。得点圏打率は.299。特筆すべきは88打点だろう。2009年は1番から8番まで打ったが、4番では.306、3本塁打16打点を上げている。

捕手としての数字はそれほど良くない。

Kart-02

RFはMLBの規定試合数を充たす14人中10位。盗塁阻止率も.250だが、キャッチングの確実さが評価されている。PB3はリーグ2位の少なさだ。

とにかくアリーグ1位タイの135試合でマスクをかぶっている。イニング数ではリーグ1位だ。若くて打撃が良くてタフな捕手。年俸の問題は近い将来おこるだろうが、まず5年はホームベースをまかすことができるだろう。

そういうチームは、実はあまり多くないのだ。

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


 

 

もっとも出塁した選手はだれか?セリーグ編|2009年のMLB、NPB-07

謹賀新年、本年もよろしくお願いいたします。

さて、NPBに移ろう。規定打数以上の選手の出塁数の比較。私は2009年のセリーグのMVP選考に大いに疑問を感じている。ラミレスの稿でも書いたが、アレックス・ラミレスは首位打者になり、30本塁打、100打点をあげているが、貢献度は低いと思っている。その根拠の一端が下記の表だ。

 CL-OBP



ラミレスは出塁数1位の井端より40以上も出塁数が少ない。チームメイトの坂本、小笠原よりも下である。彼は、NPBで最も四球を選ばない打者なのだ。その点ではイチローとよく似ている。このことが選考した記者の間で話題になったのかどうか。

中日が手堅い野球をしているのは、この表からも見て取れる。10位以内に4人。中日のチャンスの数は自ずと増えているのだ。ただし、巨人に比べて決定力で劣ったことは否めないが。面白いのは「アライバ」でコンビを組む荒木が四球を選ばない方のベスト5に入っていることだ。意外なことにヤクルトの宮本や阪神の平野など、クレバーそうに見える選手も四球をあまり選んでいない。MLBとは異なり、NPBでは「四球を選ぶ」ことは、必須の課題ではないようだ。

 

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



西武が獲得した新外国人左打者|エピソード2009-29

謹賀新年 本年もよろしくお願いいたします。

NPBが新たに獲得した新外国人の経歴を調べてみて、思うのはエリート崩れがいかに多いかということだ。彼らの多くは3順目まででドラフトにかかっている。ボーナスをもらっている選手も多い。素材的にはトップクラスなのに、MLBで実力を発揮できなかったというパターンが多いようだ。西武の新外国人、ダーマル・ブラウンもその典型だ。彼はMLBではディー・ブラウンと呼ばれていた。

■ダーマル・ブラウン 年俸50万ドル

Dermal

ブラウンは96年のKcの1順目、全体でも13位。100万ドルものボーナスをもらっている。同期には2順目に今年日本ハムに入ったカーライルがいる。ジミー・ロリンズも2順目にいる。

強打の左打ち外野手として大いに嘱望され、98年には早くもMLBに上がる。マイナー経験わずか208試合である。このまま順調に成績を残せば、今頃2000本安打は打っていただろうが、結局定着できなかった。

この打者はマイナーの数字を見る限り、実に優秀である。四球をよく選ぶし、長打力もある。

最大のチャンスは2001年だった。この年は106試合に出て300回以上打席に立ったが、.245、7本塁打40打点に終わる。以後はレギュラーのチャンスはなく、MLBでの出場機会は減っていった。2005年にWAN、NYYに移籍するが2006年にKcに戻る。さらにARI、OAK、LAA、LADと毎年移籍するが、ほとんどAAA以下でのプレーだった。

 

マイナーでの試合出場は1000試合を超えるが、まだ31歳である。AAAでは確実にいい仕事をしている。三振と四球の数字が常に拮抗しているのも良い。活躍する可能性はおおいにあるのではないだろうか。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!  



 

チュ・シンス(秋信守)の進境|2009年の注目選手-03

今年、WBCで見たチュ・シンスは、あまりぱっとしない印象だった。もう少しでレギュラーの座を獲得するところだったが、チームから守備につかせないよう圧力がかかっていたので、DH専門。打棒の片鱗は見せたが、金泰均らにくらべると迫力に欠けていた。

CHOO

しかし、MLBが開幕すると、チュは、弱体な打線の4番に座って目立つ活躍をした。

中距離打者だから、本塁打は少ないが、四球を多く選び高い出塁率を記録した。117.33というRCはリーグ5位。イチロー、ベイよりも上である。とにかく打席に立つとただでは退かない、何かをしたという印象があった。

さらに外野守備でも長足の進歩があった。

CHOO-F

ライトに定着し、RFはMLB2位。堅実で守備範囲も広いということだ。エラーの数は多いが、それだけ果敢に攻めの守備をしたということだろう。強肩もしばしば見せた。

ジム・コルボーンに見いだされてSEAと契約したのは2000年。当時から外野手だったが翌年にイチローが入団し、順調に上がってきたチュは控えに回らざるを得なかった。2006年にCLEに移籍し出場機会を増やしてきた。

180センチと体は大きくないが、鋭い打球が飛ぶ。パワーヒッターと言う感じだ。アジア人のMLBでの本塁打記録は松井秀喜の31本だが来季はこれを抜く可能性があると思う。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


 

アレックス・ラミレスという選手|エピソード2009-28

巨人のアレックス・ラミレスはベネズエラ出身。1991年、CLEと契約した。彼を見出したスカウトのルイス・アポンテは敏腕で知られ、マイサー・イズトゥリス、ビクター・マルチネス、マルコス・スクータロなども彼によって見出された。

 AlexRamilez01

CLE傘下での出世は決して早いとは言えず、6年目の98年にようやくMLBに上がった。CLEでは2歳上のマニー・ラミレスがいて、すでに主軸として活躍していた。しかし、マニーは同姓のアレックスをはっきり認識したかどうかはわからない。アレックスはこの年3試合に出ただけ。翌年も大半をAAAで過ごした。MLB昇格3年目の2000年にPITへ移籍。この年はCLE、PIT合わせて84試合に出場。彼のキャリアでは最多だったが、翌年にNPBに移る。

アレックスがMLBで成功できなかったのは、いわゆるフリースィンガーだったからである。四球をほとんど選ばず、振り回すタイプ。当たれば大きいが、凡退の方が多い。信頼感のない選手だった。

ヤクルトに移籍してからもその傾向は全く変わらなかったが、日本では本塁打が良く出たうえに打率もそこそこ上がった。ヤクルトにはロベルト・ペタジーニと言う同国出身の先輩外国人がいた。ペタジーニはアレックスとは対照的にじっくり球を見る出塁率の高い打者だった。貢献度の高いペタジーニがいるおかげで、アレックス・ラミレスは自由に打つことができた。ペタジーニが巨人に去った後はヤクルトでは主軸となり、重しが取れたように活躍し、本塁打王のタイトルを取った。そしてペタジーニの後を追うように巨人に移籍、今季のMVP獲得へとつながった。

ではあるが、今年の前半、アレックスは全く迫力がなかった。打率も上がらず、貢献度は低いと思われた。後半になって帳尻を合わせるように打って、首位打者を獲得した。しかし、今年のアレックスがMVPに輝く活躍をしたとはとても思えない。四球はわずか22。打率.322に対して出塁率は.347。OPSは2008年.990から.891と大きく下がっている。タイトル、100打点という数字よりも貢献度は相当低いと思う。

今年、阿部慎之助は20試合欠場したものの、長打率、OPSともにリーグ1位の活躍。捕手としてのリードも考えれば、彼の方がMVPにはふさわしいのではないかと思う。2番目が小笠原道大、ラミレスは3番目だと思う。

MVPは記者による投票で決まるが、どんな基準で票を投じたのか、聞いてみたい気がする。

私のブログサイトにようこそ!コメントもご記入ください!

ベイ、メッツと4年契約で合意|エピソード2009-27

押し詰まった29日(日本時間30日)、ジェイソン・ベイのNYMへの移籍が決まった。4年契約で6600万ドル。大型契約である。とにかくピストルだらけのNYMに大砲が1門加わった。

 Bay

ベイは典型的なRBIイーターである。過去5年間で4度の100打点を上げた。得点圏打率は.360と高かった。三振は多い方だが、四球も良く選ぶので、3割打者ではないが、出塁率は高い。そしてとにかくタフである。2005年以降37試合しか休んでいない。

ベイは西部で文武ともに名門の評判の高いゴンザガ大学でプレーし、MNTから2000年にドラフトで指名される。ただし22順目(全体645番)だった。同期トップはエイドリアン・ゴンザレスだった。

マイナー時代にMTLからNYMさらにSDと移籍し、2003年にMLBへ、同年にPITに移りここでレギュラーとなる。以後、非常に安定したSTATSをたたき出しているのである。

2008年、BOSへ移ってからは、マニー・ラミレスの穴を埋めた。2009年はさらに安定感を増し、OPS、RCともにアリーグ8位の好成績を上げた。

NYMは、ベイを得てようやくMLB最弱の打線に核を得た。

NYM-1230

BOSは反対に、中心打者を欠いた形となる。マイク・キャメロンは守備の名手だが中軸を打つには信頼感がない。BOSにとってはオルティーズに大きな期待がかけられない中、マット・ホリデーの獲得が焦点になるのではないか。

私のブログサイトにようこそ!コメントもご記入ください!

もっとも出塁した選手はだれか?ナリーグ編|2009年のMLB、NPB-06

続いてナリーグで一番出塁した選手。規定打数以上の選手の出塁数の比較。

OBP-NL

予想通り、プホルスである。出塁数実に310。率でもトップである。2009年、プホルスは頭一つ抜けた存在になったと言っても良いだろう。次に目立つのは、MILの二人である。フィルダーとブラウン。この顔触れがそろってなぜ優勝できないかと思う。相変わらずアダム・ダンも三振量産の傍ら、たくさん出塁している。四球/安打で見ると、福留が第5位に入っている。今年の成績もぱっとしなかったが、評価が案外高いのはこういうところだろう。

四球を選ばない代表選手はテハダ。一時期まではMLBを代表するスラッガーだったが、ドラッグ禍以降目立たない存在になった。非常に個性的なSTATSを残している。

エイドリアン・ゴンザレスは、今季四球が激増した。彼自身の打席での注意力が上がったということだろうが、同時に投手に恐れられる打者にもなってきたのだ。来季、三冠王を狙うプホルスにとって強敵になる可能性もあると思う。

私のブログサイトにようこそ!コメントもご記入ください!


 

松坂大輔の来季は?|日本人MLBプレイヤーの2009-16

実のところ、松坂は2009年のような過ちは繰り返さないだろう、という見方がすでに一般的になっているようだ。

2009年シーズン前も紹介したが、fangraphsという野球STATSの分析専門サイトが早くも主要選手の来季STATSを予測している。

 matsuzaka-04

有名なアナリストのビル・ジェームスさんと、ファンの2つだが、いずれも松坂は2010年ローテーションに復帰し、二桁勝利を挙げると予想している。しかし、その成績はBOSでは3~4番手前後。二流である。

2009年秋以降の松坂は、ほぼ立ち直ったとみてよい。4試合先発してQSが3。防御率は2.22。アナリストたちの判断も、これによるところが大きいと思うが、立ち直ったところで二流の成績では、松坂の光彩は鈍ってしまうように思う。

2002年、6勝に終わった松坂は翌年には自己タイの16勝を挙げ、防御率1位、奪三振王に輝いている。これくらいのカムバックを期待したい。

節目の30歳である。松坂はタダものではないことを、日米に知らしめてほしい。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2016タイトルホルダー予想
Title2016
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ