野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

広島の「玉砕暴走」



今年の広島が、なぜあれだけ盗塁にこだわったのかよくわからない。
続きを読む

日本の打者の目標はこれから何になるのだろうか?



2000本安打のハードルがどんどん低くなる中で、日本の打者の「目標」は今後何になるのか、ちょっと不明確になってきているように思う。

続きを読む

NPB2000本安打ただいま52人



紹介してなかったが、このMookもほぼ丸ごと1冊私が書いた。去年の話だが。
今季終了時点での顔ぶれを眺めてみよう。

続きを読む

中島宏之はどこに



この人はアメリカに行ったことを本当に後悔しているのではないか。それがなければ、もう2000本はクリアしていたはずだ。

続きを読む

ロサリオ、もっと見たかった。



最近の阪神の外国人打者の中では、一番雰囲気があったのだが自由契約になった。

続きを読む

「プロのコーチ」のステイタスを確立すべき



この季節、各球団の「組閣」が話題になっている。この言葉、大嫌いだ。国政をつかさどる内閣と、たかがプロ野球のコーチ人事を一緒くたにするのが気持ち悪い。ただ、同じくらい「いい加減な」人事のように見える。続きを読む

独立リーグの系譜と今



11月に書く記事のために、このところ独立リーグの経営者のインタビューをしている。香川、高知、新潟、栃木、茨城と回った。昔と違って「夢」だけ「野球」だけで球団運営をしている人はいない。続きを読む

Number Webで過去5年のドラフト指名者の出身校、企業を集計しています。

Draft Number


過去5年でドラフト指名最多は想像通り大阪桐蔭だったが、意外に指名順位は低い。そして東京六大学が依然として強いこと、社会人はインフラ、自動車産業が強いことが分かった。独立リーグは応援しているが、指名順位は低い。

DeNA、中日、阪神の戦力外、引退選手



セ・リーグ下位3チームの戦力外、引退選手


続きを読む

広島、ヤクルト、巨人の戦力外、引退選手



セ・リーグの戦力外選手も見ていこう。上位3球団。

続きを読む

オリックス、楽天、ロッテの戦力外、引退選手



パ・リーグ下位3球団についても見ていこう。

続きを読む

西武、ソフトバンク、日ハムの戦力外、引退選手



ここまで、NPBの戦力外、引退選手は126人に上っている。昨年の最終的な戦力外、引退選手はその後復帰が決まった選手も含め188人だったが、この時期の126人は相当多い。戦力刷新を考える球団が多いのだろう。続きを読む

THE平成プロ野球 記録・記憶に残る30年 本日発売



今日、店頭に並んでいるはずである。刷り上がってみると、割と文字が大きい。年配の人向けかもしれない。中身は私は好き放題書かせていただいた。「野球雲」の武田さんに手伝っていただき、「日本プロ野球記録」さんに校正いただいた。続きを読む

平成の沢村賞投手総まくり



平成の31人(2003年は2人受賞)の沢村賞投手の成績を並べてみた。平成の歴代エース総まくりである。

続きを読む

菅野智之以外に考えられなかった沢村賞



歴史的な快投ではあった。今季に関しては議論の余地がなかった。

続きを読む

育成選手の厳しさは想像以上だ



ソフトバンクは千賀滉大、甲斐拓也など育成あがりの選手を活用している。それだけを見れば、可能性は大いにあるように見えるが、その可能性はわずかだ。続きを読む

甲斐拓也の進境



私はこの捕手を四国ILとの交流戦やファームで見ていた。当時は「拓也」という登録名だった。
小柄な捕手だという印象だった。細山田武史の方が目立っていた。





続きを読む

菅野智之をマウンドに上げなかった件について



週刊文春
「菅野自身は中4日でも投げるつもりでしたが、今季は終盤戦からCSにかけて酷使が続いていた。菅野はコンディションを理由に11月の日米野球を辞退しており、そこには原さんの意向もあると言われている。来季も大黒柱として期待されているので、由伸は原さんに忖度したのでは。中間管理職のつらさを感じました」(スポーツ紙デスク)続きを読む

原辰徳の「新しいやり方」



スポニチ
巨人は26日、中井大介内野手(28)、篠原慎平投手(28)、廖任磊(リャオレンレイ)投手(25)、河野元貴捕手(27)、育成の田中大輝投手(26)、松沢裕介外野手(26)と来季の契約を結ばないことを発表した。

続きを読む

フリーランスということ 下



既存メディアの記者と、フリージャーナリストの違いは「書く姿勢」でもはっきり表れる。

続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ