野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

日本のマネーボールはどうなっているか?|野球史

昨日MLBでやったのと同様に、NPB各球団の「白星の価格」を調べてみた。
MLBとの比較をするために、ドルで計算した。政府日銀介入後の1ドル78円で換算。ややむなしいが。
続きを読む

悪いなりにまとまっていた。ピッツバーグ・パイレーツ2011年投手|2011年MLBレビュー

チーム防御率は5.00から4.04に、大幅に上昇したのだが、投手成績を表すデータのリーグ順位は、ほとんど変わっていない。なぜなら、リーグ防御率も4.02から3.87と上昇しているからだ。ただ、昨年よりはまだ形になっていたピッツバーグ・パイレーツ=PITの投手陣である。続きを読む

ぬかよろこびの後…ピッツバーグ・パイレーツ2011年打撃|2011年MLBレビュー

ピッツバーグ・パイレーツ=PITといえば、MLB最弱チームの一つ。18シーズン負け越しというMLB記録を更新中だ。今季も大きな期待はされていなかったが、何と、7月31日の段階では、54勝52敗、首位から4ゲーム差の3位だった。通年なら、とっくにシーズンを諦めて、選手のたたき売りを始めるところだが、今季は望みありと見て、反対にフラッグシップディールでお買い物をした。
続きを読む

マネーボールは今、どうなっているか?|野球史

映画『マネーボール』封切り直前である。
本の中でMLBの球団間の経済格差が広がっていることを問題にしたコミッショナー、バド・セリグは、「サラリーキャップ」の導入を腹案にもって学者、財界人のブレーンに調査を依頼する。確かに格差は拡大していたが、調査団の一人、元FRB議長のポール・ボルカーは、ただ1チーム、最低年俸に近いのにトップクラスの勝ち星を上げているチームがあることを指摘する。これが、ビリー・ビーンGM率いるオークランド・アスレチックス=OAKだった。

続きを読む

先発崩壊…シカゴ・カブス2011年投手|2011年MLBレビュー

シカゴ・カブス=CHCの名物投手といえば、強打のザンブラーノ。今季も.318、2本塁打しているが、肝心の投が下降線を描いた。8月12日のアトランタ・ブレーブス=ATL戦は大乱調で、2回、3回、4回と被本塁打した後、5回には2本塁打され、揚句にチッパー・ジョーンズに危険球を投げて、そのまま家に帰り、引退を宣言した。とかくトラブルが多い投手だったが、衝撃的。まだ30歳。またCHCは、前年10勝を挙げたシルヴァを健康の問題もあってスプリングトレーニング中に解雇した。ともにベネズエラ出身、二人併せて前年21勝の両カルロスがいなくなった。
続きを読む

足枷をひきずって…シカゴ・カブス2011年打撃|2011年MLBレビュー

7人もの1000万ドルプレイヤーがいて、その大半が年俸に見合った働きをしていなかったシカゴ・カブス=CHC。チーム補強ができない最大の要因だったが、野手陣については少しずつ改善されつつあるように思える。
続きを読む

映画を観る前に、もう一度読むべし|野球の本棚

マイケル・ルイス『マネー・ボール』
同じ本を2回紹介するのは気が引けるが、面白いものは面白い。映画の公開の前に、もう一度読んでいる次第。
続きを読む

人材払底!ヒューストン・アストロズ2011年投手|2011年MLBレビュー

昨年、投げても投げても黒星続きのロイ・オズワルトが「勝てるチームに出してくれ!」とチームに直訴したのは記憶に新しい。オズワルトは、フラッグシップディールのタイミングで、フィラデルフィア・フィリーズ=PHIに移籍した。しかし代わりに来たJAハップ、ネルソン・フィゲロアらは働かず。結局、オズワルトの目減り分を補うことができないまま、2011年のシーズンを終えた。
続きを読む

支離滅裂!ヒューストン・アストロズ2011年打撃|2011年MLBレビュー

今日からナショナル・リーグ。
打撃力は一応向上したが、チームの希望ともいうべき打者を気前よく放出した。相変わらずの商売下手のヒューストン・アストロズ=HOUである。
続きを読む

イチローの名前がないゴールドグラブ|2011年MLBペナントレース

今年はまず無理だろうと思ったが、やはりイチローはゴールドグラブが取れなかった。10年連続で受賞はストップ。続きを読む

マトリックスで見る今季のアリーグ|2011年MLBレビュー

明日からナリーグチームの2011年レビューをする予定だが、その前にアリーグの戦力推移を、恒例のマトリックスで見ておきたい。
続きを読む

日本のクローザーについて考える|野球史

誰かやってくれないか、と思っていることがある。1936年以来のプロ野球の公式戦のスコアカードを見返して、今の基準でSTATSを記録しなおすことだ。Syokuyakyuさん、いかがでしょうか。
続きを読む

かっこ良すぎる名監督の引退|2011年MLBペナントレース

今年のMLBワールドシリーズは面白かった。テキサス・レンジャーズ=TEXはシーズン終盤から圧倒的な打力でのし上がったが、一方のセントルイス・カーディナルス=STLは、90勝72敗とナリーグのポストシーズン進出チームでは最低勝率であり、アトランタ・ブレーブス=ATLの減速によって、ワイルドカードが転がりこんできたものだった。
続きを読む

菅野智之は、しっかりしなさい|野球史

案の定、東海大菅野智之が、日ハムに指名されたことに対して、老人がかみついた。
昭和10年生まれの原貢氏は、挨拶にも来なかった日ハムが、孫を1位指名したことに「人権蹂躙」とかみついた。大正15年生まれの渡邉恒雄読売新聞社主は、ドラフト制度は「憲法違反」と吠えた。
続きを読む

アリーグペナントレースを戦力から見る|2011年MLBレビュー

今年のプロ野球はNPBもMLBもドラマチックだった。終盤に大いに盛り上がったが、これを数字で表現できないかと考え、こんな表を作った。
続きを読む

ヤクルトファンの中に、変なのがひとり|2011年NPBペナントレース

外野席で野球を観戦することは滅多にないのだが、神宮でのクライマックスシリーズは1塁側B外野席しか入手できなかったのだ。信濃町で降りて外苑を歩いていると、LIXILと書いた赤いフラッグを持った人がいっぱい帰ってくる。さてはヤクルトも身売りか?と思ったがさにあらず、ナビスコカップの決勝を観戦した鹿島アントラーズのサポーターだった。
続きを読む

試しながら勝つ! ニューヨーク・ヤンキース2011年投手|2011年MLBレビュー

すべてはMLBを代表する左腕、クリフ・リーに袖にされたことから始まった。ほしいものはより取り見取りだったはずのニューヨーク・ヤンキースにとっては予想外のことだった。前年引退したアンディ・ぺティットを恨めしく思った関係者もいただろう。
続きを読む

手だれの采配だ ニューヨーク・ヤンキース2011年打撃|2011年MLBレビュー

長くニューヨーク・ヤンキース=NYYの栄光を支えてきたデレク・ジーター、ホルヘ・ポサダ、アレックス・ロドリゲスの衰えがはっきりしだしたのは、昨年のことだ。ジーター、A-RODの二人は、MLBを代表するスターでもある。NYYは、大物の処遇に配慮しながらも、徐々に世代交代を図ってきた。その手腕は見事だった。
続きを読む

通算本塁打も“シェア”という視点から考えてみる|野球史

10月26日にアップした「“シェア”という視点から本塁打王を考える」の続編である。ライフタイムの本塁打数を、プレーした期間のそのリーグの総本塁打数で割ってみた。つまり、ある打者が現役時代に打った本塁打数は、その時代の本塁打数の何%にあたるか。
続きを読む

家貧しうして孝子出ず タンパベイ・レイズ2011年投手|2011年MLBレビュー

同地区のボストン・レッドソックス=BOSがタンパベイ・レイズ=TBの中心打者カール・クロフォードを獲得すれば、ニューヨーク・ヤンキース=NYYは絶対的なクローザーのラファエル・ソリアーノをむしり取った。えげつないことをするものだ。しかもソリアーノは、マリアノ・リベラの「保険」だった。ただし、皮肉なことにライバルチームに引き抜かれた投打の主力選手は、ともに不振をかこつことになった。
続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
LOGO-COVID19
sportiva
Full
yakyuiku-Logo
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ35年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ