ソフトバンクは、岡島秀樹を森福允彦に代えてクローザーに起用することを考えているという。岡島は今季、41試合に投げてまだ自責点が0。
岡島の今季戦績

okajima-20120815-01


1回以下のシチュエーショナルな登板が多いが、連続投球回数でいうと35回連続自責点0。失点が1あるため、無失点記録ではないが、すばらしい記録だ。

岡島はボストン・レッドソックス=BOS時代にも、15試合連続無失点などの記録を作っている。一度投球パターンが出来ると、きわめて安定感のある投球ができるのだ。
しかし、ここまで活躍すると誰が思っただろう。

森福允彦は、8月に入って5試合に登板し1敗2セーブだが、4.2回で5被安打3失点している。やや疲労が見えるのではないか。
岡島は巨人でも、BOSでもクローザーの経験がある。代役を果たすことは可能だろう。

しかし、記録マニアとしては一つの期待感がある。岡島がこのままシーズンをERA0.00で終われば面白い記録が出来るのだ。
これまでシーズンERA0.00で終わった投手を投球回数の多い順に並べる(5回以上)。

okajima-20120815-02


シーズンERA0.00は珍しい記録ではない。NPBではこれまで470人が記録している。しかしその大部分は1回以下。5回以上投げた投手は53人。10回以上となると6人しかいないのだ。

無失点の試合が続くと、監督は当然重要な場面でその投手を使うようになるから、失点の機会は増えるのだ。
ERA0.00の上位5人の投手の内、4人はNPB1年目、山崎健も2年目。シーズン終盤に起用され、無失点のままでシーズンを終えるケースがほとんどだ。

岡島は35回を投げてERA0.00。数字としても抜群だし、セットアッパーとして重要な場面で使われながらのERA0.00も前代未聞だと思う。

どこまで続くか、注目したい。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!