広島の内野手、一軍野手コーチ、石井琢朗が本日、引退を表明する。平成元年のプロ入り、24年の現役生活だった。
takuroIshii-20120827-P


takuroIshii-20120827-B




左腕投手としてドラフト外で昭和63年に横浜大洋に入団。昭和時代入団の現役選手は山本昌、山崎武司、谷繁元信と石井の4人。

当初は投手だったが、コントロールに難があり、球速も伸びなかった。

92年に内野手に転向。強肩を活かし三塁手、遊撃手として活躍した。

打者としては、ファウルを打つ技術に長けており、投手に球数を投げさせることが出来た。選球眼も良く、全盛期には4割近い出塁率を誇った。
また、ミートが巧みでライナー性の打球を打つ中距離打者だった。

足も速かったが当初は盗塁の成功率が低かった。次第に技術を磨いて盗塁王を4度獲得。

石井の最大の長所は、走者との交錯が多い内野手でありながら、ほとんど故障知らずだったことだ。
93年から15年連続で100試合以上出場。球団にとってはこれほど信頼できる選手はいない。98年の優勝時は、自身の成績もピークだった。

広島に移籍後は、代打でも好成績を上げた。しかし今季はコーチ兼任となり、出場機会が減っていた。

あと70本で2500本安打だが、これは望むべくもない。もう十分に活躍したという感がある。遊撃手として1765試合出場は史上最多。

球史に残る名選手だったことは間違いない。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!