今日は三振というSTATSについてこだわりたい。NPB75年の歴史で最も多く三振をしたのはだれか。1000三振以上の打者のランキング。現役選手はえんじ色。
SO-1-20111223






清原和博は無冠の帝王と言われているが、三振では断トツの首位である。「ストライクアウト!」の宣告を気にせずぶんぶんバットを振り続けた結果だ。

ざっと見て気が付くのは、引退選手も含めて最近の選手が多いこと。
ベスト10に現役選手が山崎、谷繁、金本、中村と4人も入っている。4人のうち3人は40歳以上。30代の中村も来季のレギュラーはなさそうだから、清原の記録を抜きそうな選手は当面いない。それにしても、最近の選手はよく三振するのである。

ただし、この中で別格の存在がいる。15年前に引退した近鉄のラルフ・ブライアントだ。彼は安打よりもはるかに多くの三振をしている。東京ドームの天井のスピーカーに当てるホームランを打った怪力打者だが、その“振りっぷり”も群を抜いていた。

かつて、通算三振記録と言えば衣笠祥雄。アンタッチャブルだと言われていたが、ここ10年ほどでどんどん追い抜く選手が出てきたのだ(そういえば豊田泰光さんは、昔、1000三振しているのが少し自慢気だったが、今では下位に沈んでしまった)。

これは投手がキレのある変化球を多投するようになったこと、そして打者が三振を以前ほど恐れなくなったことが原因だろう。

三振というSTATSから、野球というスポーツの変質が見えてくるのだ。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!