年末のBSの日本人MLBプレイヤーのレビューで、イチローが不思議なことを言っていた。
「王貞治が756号を打った時に、(ウェーティングサークルにいた)張本さんが、すごいジャンプしているんですよ。張本さん、あのとき(その時のイチローと同じ)37歳ですよ。すごいですよね」
1977年9月3日、この時点で打率.320、39本塁打の王貞治は、ヤクルトの鈴木康二朗の2-3(今なら3-2)から投じられたスリークオーターの速球を右翼席に運んだ。いつもは派手なポーズをしない王貞治だが、バットを手から離すと大きく両手を上げてゆっくりと走り出した。その後ろで張本が右にやや傾きながら、1メートルくらいも飛び上がっていたのだ(ご覧になりたければ、「王貞治756号」とGoogleればすぐに出てきます)。

イチローは、このジャンプ力にまず驚いたのだろう。張本は幼少時のやけどの後遺症で利き腕の右手先が不自由になったために、左手で投げざるを得なくなり、守備は非常にまずかった。だから、なんとなく鈍重な印象があるのだが、実は俊敏な選手だった。

盗塁王はとったことはないが、319もの盗塁をしている。さらに三塁打も72本。打席での球の見極めは凄まじかった。静止した状態からほとんどバックスイングなしに振りぬくその打撃は、誰にも似ていなかった。また彼は守備妨害での出塁を「狙ってとる」ことができた。身体能力、反射神経はすごかったのだろうと思う。

同時に、イチローは「他人の業績に対して、これほど素直に喜びを表すことのできる張本勲」に驚いたのではなかっただろうか。その番組のインタビューでも語っていたが「すりよらない」性格のイチローは、誰も味方につけず、誰の味方もせずに野球を極めてきたように思う。同い年、同期のライバルの偉業を、手放しに喜ぶことが出来る張本勲のハートに驚きを感じたのだろう(イチローでいえばアルバート・プホルズの偉業を喜ぶようなものだ)。
38歳、若返りが進むチームで最年長となり、不振を抱え込んで呻吟するイチローの孤影が浮かび上がってくる。




しかし、張本勲はただの「いい人」ではなかった。756号の興奮がひとしきりおさまって打席に入った張本は、気落ちした鈴木康二朗の速球を右翼席に運んでいるのだ。そしてこれが彼の1500打点目だった。偉業達成の電光掲示板を背景に、張本は悠々とダイアモンドを回った。まさに黒光りするような存在感だった。

引退してから「喝」を連発する張本勲さんには興味がないが、現役時代の張本勲は、目が離せない選手だった。関西では嫌われていたが、罵声を背中に受けて悠々とバッターボックスに歩む姿は、悪役の魅力があふれていた。清原和博のように、球場外でドスをきかせるのではなく、彼はナイターの照明のなかで、ファンや選手ににらみを利かせていたのだ。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!