昨年末までに2010-2011のセパ両リーグの各チームの戦力推移を検証した。その集大成として、各リーグ各チームの投打のバランスがどのように推移したかをマトリックスで見る。毎年NPBとMLBのマトリックスを作っているが、ここまで劇的に変化する年は珍しいだろう。言うまでもなく統一球と審判部再編の影響だ。
例年通り投手はERA、攻撃はRC27で算出した。セリーグ。

CL-2010-201120120103





左上から右下へ、6球団が雪崩を打つように下落している。投手力(ERA)が急上昇し、攻撃力(RC27)が急落したのだ。

結局、全球団が同じように下落したために、相対的な力関係はあまり変わらなかったという印象だ。
中日、巨人、阪神、ヤクルトの4球団が競り合う後ろから広島が追いかけ、そのずいぶん後を横浜がとぼとぼと歩いている。

本来環境が大きく変化するときは、弱小球団が飛躍するチャンスのはずなのだが、下位球団は好機をものにすることはできなかった。

昨季後半に打撃がやや盛り返したことを考えると、多少は打高への揺り返しがあるのではないか。
今季、巨人が大幅に投手力を向上させているが、名だたる補強下手の巨人である。下位チームに付け入るすきは十分にあると思う。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!