昨シーズンまでにMLBの試合に1試合でも出場した日本人選手は、45人いる。また投手はこのうち34人。この総まくりをしていきたい。
まずは打撃成績。投手も含む。※はオールスター出場回数。グレーは昨年時点での現役。

MLB-Japan-20120109-01





イチローは今年出場すれば野茂英雄の出場年数に並ぶ。松井秀喜も大家友和に並ぶ。長くやってきたものである。

野手でMLBに挑戦したのは11人。この顔触れに絞り込んだ表。

MLB-Japan-20120109-02


最近の野手陣の低調ぶりを考えると、イチローの安打、盗塁、松井の本塁打、打点はアンタッチャブルと言ってもよいかもしれない。

細かく見ていくと、田口壮が松井稼よりもAVG、OPSで上回っている。MLBでの奮闘ぶりが目立つ。
野手の場合、5年以上活躍した選手は4人しかいない。城島、岩村、井口も4年目で日本に帰ってきてしまった。4年目の壁とも言うべきものがあるようだ。福留もまさに5年目を迎える今年が正念場だ。

こうしてみると、内野手の成績が平凡だと思う。今季、マイナー契約から挑戦する川崎、そして2年目の西岡の奮起を切に祈りたい。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!