チームを支えた小久保が引退。しかしソフトバンクの打線は依然強力だ。
野手陣を見る。えんじ色は規定打席以上。青はMLBでの成績。

SoftBank-Ba


捕手は競争が起こっている。打撃が目に見えて落ちてきた細川に高谷、山崎が挑戦している。しかしいずれも迫力不足。

ブライアン・ラヘアは昨年後半、一気に評判を落としたが、働き盛りではある。めっきりパワーが落ちていた小久保の代役としては十分だろう。故障した松田はやや気がかりだが、内野陣は長打はないものの、信頼のおける選手が揃っている。



外野の内川、長谷川は充実。固定できなかったもう1枚は多村が古巣に戻り、吉村がやってきた。
柳田はそろそろ一本立ちすべき時だ。

DHのペーニャはパワー十分。しかも松中が控えでにらみを利かせている。
分厚い陣容だ。今期も攻撃力だけならリーグ随一である。

クラシックSTATS鑑賞もご覧ください! 1968年、球団別投手成績 パリーグ
Classic Stats


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!