結局、メンタル面が大きいという印象だ。昨日、どういう形であれ勝ったこと。そしてオーダーを変えたことで気分が変わったのだ。1回、無造作に2点を取って、選手たちは「なぜ、こんなチームに苦戦をしたのだろう」と思ったのではないか。
WBC-JA0223
オーストラリアの先発は、キャリアでは一番のローランド・スミス。シアトル・マリナーズでローテーションを張ったこともある投手だ。

しかし、調子が悪い。先頭の坂本が歩き、松井が送って内川のタイムリー。昨日、あれほど苦労した得点が、試合開始数分で手に入った。内川が盗塁し、長野にタイムリーが出て2点目が入った。

前田健太は順調な立ち上がり。緩急が利いていたが、3回にコントロールを乱した挙句にヒューズに一発を喰らった。この投手もまだ使用球になじんでいないか、それとも調整不足か。

01


しかし、不安感は全くなかった。

4回には中田、角中の連打の後、失策もあって2死満塁、ここで松井に三塁打が出た。満塁での三塁打は、すべての走者が全力疾走するから、血沸き肉躍る面白さがある。
これで逆転してからは、余裕だった。

松井稼は、成績を見れば代表ボーダーラインだが、絶対に残すべき選手だと思っていた。大舞台を踏んでいるし、恐らくは「やり残した感」があって、代表入りを望んでいるはずだからだ。
今日のタイムリーも凡打も、いずれも球にくらいつく迫力があった。左右の打席。

DSCF4277

DSCF4157


2009年のイチローのような役どころをするのではないか。

オーストラリアは、打線は相当なものだが、投手陣はおおざっぱである。ほとんどの投手が体を開いた同じようなフォームで投げる。コントロールもアバウトだし、配球も大まかだ。

DSCF4182
DSCF4181
DSCF4180



守備面でも豪はエラー続出だったが、こんなチームでも勢いに任せて強豪を破ることがある。これが短期決戦の恐ろしさだ。
ブラジル戦の前に、「自縄自縛の壁」を破ることができたのは幸いだった。

今日、目についたのは中田翔の構えが堂々として、腰が入って素晴らしいスイングをしていた事。以前の窮屈なフォームとは見違えるようだ。

nka


03


もう一つ、森福の小気味よさ。この投手は、豪の打者では打てまい、と思わせた。

morifuku


攝津のマウンドも完ぺきだった。

settsu


次から次へと一線級の投手がマウンドに上がる。リードしていれば、これほど楽しい試合もない。少々長かったが、お客さんも大満足の一戦だった。

DSCF4323


クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。1969年の救援投手陣 パリーグ
Classic Stats


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!