右の前腕部に死球を受け、骨折が判明。全治10週間。4月の開幕に間に合わなくなった。
ニューヨークヤンキース=NYYの現在の外野陣。

granderson-injury


ニック・スイッシャーがFAで抜けて、ラウル・イバニェスはシアトル・マリナーズに復帰、アンドリュー・ジョーンズは楽天へ。
ベテランではなく、若手中心にチームを再構築していく予定だった。また、年俸抑制の傾向も見て取れた。

マット・ディアズの名前がある。ヌニェスは昨年内野手だったが、派手なエラーが目立った。外野に回されたようだ。そしてアルモンテ、マイナーのお試し選手。

こんな中で、グランダーソンは攻守の要であり、中軸を打つべき選手ではあった。



ガードナーが完全に復活しているとして、イチローも昨年同様のパフォーマンスが期待できるとしても、外野と打線に大きな穴が開く。

公式サイトのInjury Reportではグランダーソンの復帰は5月初旬。

デレク・ジーターが開幕に間に合うかどうか厳しいうえに、A-RODも全休の可能性が出てきた。オフェンス面で大きな不安がある。
開幕スタートダッシュは、日米問わず重要だが、暗雲が立ち込めた。

FA市場にはジム・トーミ(612本塁打)、カルロス・リー(358本塁打)、スコット・ローレン(316本塁打)、ボビー・アブレイユ(287本塁打)などが仕事待ちをしている。

少し前のNYYならこういうときは、無造作に選手を獲得したはずだ。

しかし、今年はこのまま開幕を迎えるかもしれない。
いずれにしてもイチローがいつもの調子なら、スタメン落ちする可能性はなくなった。

クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。1969年の救援投手陣 パリーグ
Classic Stats


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!