こうしてWBCのデータをずっと調べていると、今回の日本投手陣はぱっとしなかったな、と実感する。
前にも言ったが、絶対的な安心感があったのは、先発では前田健太だけ。救援でも牧田和久は信頼できたが、他の投手は投げて見なければわからない状態だった。
今回大会のイニングごとの得失点。

WBC-D-J


日本はオランダに2度大勝している。だから2回に大きな得点が入っているが、これはポイントではない。
1回に3失点しているのは、先発投手が不安定な立ち上がりを衝かれているということだ。また、6、7、8回に失点が多くなっているのは、信頼できる救援投手がいなかったということを意味している。
これまで2回の投手陣に比べれば、信頼感に乏しかったと言えよう。
各投手の成績。PoはNPBにおける投手の本来のポジショニング。

WBC-D-J1


山本監督は、先発投手をロングリリーフで使うことを想定して選出している。私もそれを「第2の先発」と言ってきたが、その試みは上手くいったとは言えない。
また田中将大と能見篤志は、先発と救援を掛け持ちさせられている。

山本浩二がNPBの監督だったのは2005年が最後である。以後8年間現場から離れている。投手起用に関して、感覚が鈍っていたのか、あるいは2001年から現場を離れている東尾修投手コーチの問題なのか。投手の交替期にも問題があったように思う。

日本の投手起用が中途半端だったのは、ドミニカの投手起用を見れば歴然とする。

WBC-D-J2


ドミニカは先発には先発投手を、救援には救援投手を使っている。当たり前のことだが、そのルールをきっちりと守っている。
その上主力級の救援投手は1イニングをきっちりと任せている。
この分業が投手の自覚を促し、チームに勝ちパターンを生んだのだと思う。



NPBにも優秀なセットアッパーはたくさんいる。中途半端に先発投手に救援を務めさせるくらいなら、地味でも救援投手を選抜すべきではなかったのか。
浅尾に声をかけたのはそういう意識からだとは思うが、巨人西村、中日の田島、日本ハムの増井、宮西などを起用する手もあっただろう。

Twitterで上原浩治が「○○投手、中継ぎに降格」というスポーツ紙の報道に怒っていたが、マスコミやNPB関係者に、救援投手を先発投手よりも格下だと思う古い感覚が残っているとすれば、そしてそれが今回の投手起用に影響を与えたとすれば、意識改革が必要だろう。次回までの課題だ。



広尾晃 野球の本、上梓しました!4/3店頭に並びます。予約アマゾンで受付中。







クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。吉武真太郎
Classic Stats


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!