飛躍しそうでしないチームだったが今年は期待できる。
投手陣

PIT-P


復活したAJバーネットは好調を維持するも援護なく4勝どまり。しかしリリアーノ、ロック、ロドリゲスと使える投手が並んでいる。先発陣は中上クラス。
セットアッパーのウィルソン、マザロ、モリスあたりは良い働き。クローザーのグリリも好調。久々のポストシーズン進出の目もありそうだ。

野手陣

PIT-B


大黒柱のマッカチェン、これに続きマルテ、ホセ・タバタと外野手は元気。またアルバレスもホームランを量産。これで打線につながりが出れば、後半戦はさらに期待できるかもしれない。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。1958 パリーグ投手陣
Classic Stats