HOUがいなくなって弱さが目立っている。
投手陣

CHC-P


ウッド、フェルドマンががんばっており、先発陣は中位。しかし救援陣はラッセルとグレッグしか使える投手がいない。藤川、パーカー、ドリスがDL入り。グレッグがクローザーに。ボウデンなどを起用して浮上したいところだが難しいか。

野手陣

CHC-B


昔の名前のソリアーノと新鋭リゾが中軸だが、どちらもたまに大きいのを打つだけという印象。故障者も多く、打線はつながりを欠いている。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。1958 パリーグ投手陣
Classic Stats