ゴールドシュミット、コルビンと主軸になりそうな投打の新鋭が出てきた。
投手陣

ARI-P


パトリック・コルビンが大ブレーク。これにマイリーまでは計算できる。しかしその後が頼りない。頭数は足りない。
救援はジーグラー、レイノルズが安定している。さらにハリス、コルメンタープッツと顔ぶれは揃っている。

野手陣

ARI-B


新星ゴールドシュミットを軸として、チームが再編されつつある。パーラ、アーロン・ヒルらが打線の中で生きてきた。まだ顔ぶれはやや足りないが、後半戦は手ごわい打線になるのではないか。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。1958 パリーグ投手陣
Classic Stats