阪神を自由契約になった下柳剛が、東北楽天に入団した。彼は10年前に続き、再度星野仙一に拾われたのだ。
2012年に40歳なるNPB関連の現役選手は23人いるが、引退を表明したのは2人だけ。所属が決まらない選手や独立リーグに所属する選手も含め、多くが現役続行を表明している。

OLD-20120208






一方で、二十代、三十代で引退する選手は毎年たくさんいる。そういう選手と、超高齢選手の差は、実績だ。打者でいえば2000本安打、投手は100勝という赫々たる数字をあげた選手は、自分の意思を優先させて選手生活を永らえることができる。至極順当なことだ。

しかしこの顔ぶれと、成績を見ていると手放しで喜べないとも思えてくる。

西口文也や宮本慎也のように、不惑を迎えてもバリバリの現役で、誰に恥じることもない成績をあげているのなら、文句はない。数字を残すことができる限り現役を続ければいい。

しかし、明らかに数字が落ちて、プレーにも精彩を欠いているのに現役に固執する選手が沢山いるのだ。
こう言うベテランは若い選手の活躍の場を奪うだけでなく、チームのウィークポイントになってしまう。金本知憲がその典型だ。

問題はこのクラスになると自らが辞めると言わない限り、引導を渡すことができなくなることだ。

ベテラン選手がやめない原因の一つには、長引く不況と地上波での野球放送の激減によって、解説者の椅子が減ったことが背景にあるだろう。年俸がへっても、現役でいる限りはおまんまの食いっぱぐれはない。また、コーチ就任を断わる選手も多いのは、コーチは現役選手よりも年俸が低いし、雑務が増える。ステイタスも下がってしまうからだろう。

成績が下がっても、年俸が落ちても引退しないとなると、辞めどきが分からなくなる。MLBでもマニー・ラミレスが現役復帰を宣言したが、所属チームがなくても現役という選手が出てきだした。いわゆる浪人だ。昨年、ようやく引退を宣言した工藤公康がそうだが、今季も何人か出そうな気配。さらには独立リーグで野球をする選手も増えてきた。

こうなってくるともう、本人の野球観、人生観の問題になる。しかし、こうした名選手たちがいつまでも野球人生にピリオドを打たないのは、全盛期を知るファンを幻滅させることにもなる。別に不正を犯しているわけではないから、晩節を汚すとはいえないが、潔くないようにも思う。

また古い相撲の話を持ち出して恐縮だが、1931年、相撲界で現役、引退力士を含めたトーナメント大会が行われたことがあった。この大会で横綱玉錦をはじめ並みいる現役力士を差し置いて優勝したのは7年も前に引退した元横綱栃木山の春日野親方だった。春日野は引退後も弟子に稽古をつけるために鍛錬を続けていたのだ。力が衰えたら後進に道を譲ると共に、余力を弟子の指導のために使う。昔の人は偉かった、と思わざるを得ない。

プロ野球選手は成績が落ちたら辞めるのが基本。後進に道を譲るのが基本だ。その上でどうしても野球が続けたいのなら、趣味でやればいい。名選手たちは、辞めどきの美学を考える時がきている。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!