最近、NPB選手のパフォーマンスがいろいろと話題に登っている。
当ブログでもオールスターでの中田翔の「乱闘ごっこ」について批判をして、コメントを多数いただいた。

今朝の「サンデーモーニング」では掛布雅之が、阪神が本塁打を打った時などにやる「決めポーズ」に対して「喝」とやった。これがニュースになっている。

この番組が権威めかして報道されるのは、宜しくないと思うが、それはさておき、掛布は「プライドをかけて戦っている相手に対して尊敬の念が感じられない。ダメとは言わないがやる場面を考えて欲しい。相手を挑発する行為、米国だったら報復されますよ」といった。
確かにMLBでは、それは許されないパフォーマンスだ。彼らは本塁打を打ったとき「神に感謝するポーズ」を見せることがあるが、相手に「どんなもんだ!」というような態度はとらない。


最近のNPB選手のパフォーマンスが見ていてあまり気持ちよくないのは、選手が自らを誇るポーズをとることが多いからだろう。
ガッツポーズにしても、決めポーズにしても、みんな「どうだ!俺はすごいだろう」というサインである。
最近はプロ野球だけでなく、高校野球でも普通に見られるようになった。

野球選手だけでなく普通の若者もカメラに向かってすごいポーズで睨みつけたり、挑発したりする写真を撮ったりするようになったのは、ここ20年くらいのことではないか。
おそらくコミックの影響で、そうした「決めポーズ」が、格好いいということになったのだろう。

野球の試合とはあまり関係ないので、大きな問題とは思わないが、ずいぶん幼いパフォーマンスだとは思う。
その選手が素晴らしいプレーをしたことに、観客は既に拍手や歓声で賞賛を送っているのである。この上に、「どうだ」という必要はない。
アメリカ式に相手に失礼だとまでは言わないが、そんなに自分が可愛いのか、と鼻白む気がする。

同じパフォーマンスをするならお客さんが喜ぶことをすればいいのにと思う。

よくイチローが外野でのキャッチボールでやる背面キャッチなどは、そういうパフォーマンスだ。失敗すればみっともないことになる(事実そういう選手もいた)が、イチローのようにスマートにやれば、拍手喝采が起こる。さすがプロ、さすがイチローというわけだ。

また肩に自信のある外野手は、思い切り離れた距離でキャッチボールをしてお客さんを喜ばすこともある。こういうのもパフォーマンスだろう。



私は見たことはないが、昔は「シャドーノック」というのをしたそうだ。

「百万ドルの内野陣」といわれた1950年代の南海ホークスや、「ダイナマイト打線」阪神タイガースなどは、試合前のノックの最後にこれを見せたという。

ノッカーがボールを持たずにノックバットを振る、野手はあたかもゴロが飛んできたかのようにグラブでさばいて他の野手にトスをする、その野手もボールがあるかのように一塁へ送球する。
一流の野手がやると、その動作は実に華麗で、美しかったという。時にはエラー(のふり)をして、頭をかいて「もう一丁!」とやる。ノッカーも空振りしたふりをしたりする。
場内は爆笑に包まれたという。

今風に言えば「エアノック」というところか。

こういうパフォーマンスは本当のプロ、大人の選手でないとできない。野球という「芸」を見せているという自覚がなければ成り立たない。
時代が違うかもしれないが、こういうパフォーマンス、どこかでやらないか。

もちろん「プレーボール!」の声がかかってからふざけた真似をするのは許されないが、プロとしてお客さんを喜ばせるようなパフォーマンスはどんどん出てきて欲しいと思う。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。巨人、外野手のランキング 面白い!
Classic Stats