ダルビッシュと黒田の成績を調べていて、今年はいずれも左打者との対戦の方が多いことに気が付いた。MLBは左打者の方が多いのか、とも思ったが、ドジャース時代の黒田は右打者との対戦の方が多かった。これはどういうことなのか、調べてみた。
2008年以降のアナ両リーグの左右別打席数と、成績。左右打者にはスイッチヒッターの打席も含まれている。%はその比率。

AL-NL-HB


アメリカンリーグでは、2008年に44.6%だった左の打席数が、今年には47.5%、3ポイントも増えている。比率は5割に近づいている。
ここまで2プラトーンが進めば、ダルビッシュや黒田など優秀な右投手に対して、左打者をずらっと並べることなどわけもないことだ。
左打者の方が成績がいいとは言えないのだが、とにかくアリーグは左打者が増えている。

これに対してナショナルリーグはもともと左打者は40%程度で大きな変動はない。今年からアナ両リーグは15球団ずつになったが、アリーグの方が6000打席以上左が多い。

なぜそうなのかは、もう少し調べてみたいが、今季、松坂大輔がナリーグに移って終盤に復活したこととかかわりがあるかもしれない。ただし松坂は今季も左打者との対戦が多かったが。



アリーグとナリーグは交流戦もあり、MLBは同質化しているかと思ったが、どうやら一概にそうとは言えないようだ。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。ホークス、救援投手のランキング

Classic Stats