2009425日「MLBをだらだら愛す」掲載過去記事】

今年の井川は実に惜しかったが、NYY自慢の新ローテーションでは、王が0-3 34.50、CCサバシアが1-1 4.81という状態なので、引き上げられる可能性はあると思う。

薮、井川、前川の3人のAAAでのSTATSである。

 YabuIgawaMaekawa

薮の防御率は悪いが、6度救援登板して、2度大負けしているからだ。MLBと同様、1回だけのリリーバーとして安定してくるのではないだろうか。

井川はローテーション投手として調子が上がってきているところ。

そして前川は1試合リリーフ登板したのちに先発に転向して2試合。結果はまだ出ていない。STLはナリーグ中地区で首位を快走しているので、よほど成績を上げないと呼ばれないのではないか。

同じようにMLBを目指していた門倉健はCHCを解雇されて韓国のSKワイバーンズに入った。20万ドル。伊勢孝夫、正田耕三、加藤初、福原峰夫と4人も日本人コーチがいるチームだ。今、KBOではこのチームが独走しているが、門倉は4/23には初勝利を挙げた。ローテーション入りしそうだが、門倉にとっては、NPB、MLB、KBOの3つを1年で経験するという大変な1年になった。健闘を祈りたい。

■後日談:井川はAAAで不思議な味わいを醸し出す存在になった。何か活躍の予感がする。他の選手はMLBからすでに去っている。