パリーグ。規定打数以上の選手の出塁数の比較。地味な選手が上位に来ているのが面白い。

PL-OBP

中島は、今季の年俸の評価が低いと越年を決意したようだが、それもうなずける。これだけ出塁してチャンスを広げているのである。

中村剛也は、以前にも述べたとおり2009年はMLB、NPBを通じて最も本塁打率の高い選手だったが、四球はそれほどでもない。まだ投手への威圧感がないのだろうか。

2009年はWBC代表から漏れ、レギュラーシーズンの数字もぱっとしなかった西岡だが、今年は四球の数がぐっと増えている。野球への理解が深くなったということだろうか。

オリックスの大村は2000本安打に最も近い位置にいる選手だが、通算出塁率は.328に過ぎない。先輩のイチロー同様、四球を選ぶより打ちにいくタイプだ。2007年などは死球(10)の方が四球(9)より多いという珍記録を残している。これもNPBならではのSTATSと言えるのではないか。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!