西武ライオンズは、本当に強いチームだと言う印象がある。ライオンズは黒い霧事件以後、球団名がころころ変わり、ペナントレースとは無縁のチームだったが、「西武」になった途端に強くなったように思った。
西武になってからの戦績

Seibu-2013-01


根本陸夫は「チーム立て直し」のために送り込まれたとされ、勝敗は二の次だった。私は「ほんまかいな、能力ないんと違うか」と思っていたが、後年、根本はダイエーホークスでも同じ役割をする。

根本は3年で社長になり、広岡達朗を監督に据えた。ヤクルト時代の手腕を評価したのだろう。使いにくい人物ではあったが、広岡は結果を出した。
その後に参謀格だった森が座った。この時期は全くの無敵だった。歯が立たないという感じがした。

1989年に3位になったときに堤義明オーナーから「やりたいんなら、おやりなさい」と言われたという報道がされ、西武と言う企業のおかしな部分がクローズアップされた。
西武では、堤にお茶を持って行った女性秘書に床にひれ伏させて、土下座のようなお辞儀をさせるという噂が立ったのもこのころだ。

今の猪瀬直樹都知事は、この西武、堤一族の歴史を書いて、世の中に出たのだった。



1993年には根本陸夫はダイエーに転じた。以後、西武は生え抜き選手上がりを中心に監督に据えていた。

一時期の強さはなかったが、球団の基礎がしっかりしていたためか、常に優勝を狙える球団であり続けた。

この間、2005年には堤義明は証券取引法違反で逮捕され、グループの実権を失う。

今、西武は銀行マン上がりの経営者と米サーベラスが実権を争っているが、経営そのものは強固ではある。
親会社の経営がしっかりしているから、あまりスキャンダルや内紛が起こらない。監督のシーズン途中での交代は一度もない。

監督別の勝敗

Seibu-2013-02




こうしてみると全盛期は広岡、森の時代だと言うことが分かる。
伊東、渡辺両監督は、成績がよく似ている。
もっと弱いチームなら、さらに長期政権になってもおかしくないが、常勝西武の監督としては物足りないと言うことだろう。
今年の最終盤の追い込みは実に見事だったが、総合的には健全な判断かも知れない。この成績なら、渡辺久信の経歴に傷はつかない。伊東勤のように再度起用される可能性もあろう。

またぞろ伊原春樹の名前が出ているが、若返りを図るべきだろう。44歳の潮崎哲也の方が良いように思う。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。ホークス、制球力に関わるのランキング

Classic Stats