MLBの打撃のベスト9、シルバースラッガーが決まった。意外な顔ぶれではなかった。
アメリカンリーグ SSは受賞回数。

SS2013-AL


ジョー・マウアーは5度目の受賞。これは4位タイ。1位はご存じマイク・ピアッツアの10回。
カノも5回目の受賞。これはサンドバーグの7回に次いで2位。ペドロイアはカノがいるために1度しか受賞していない。
ミゲル・カブレラは3回目だが、フロリダ時代に外野で2回受賞。ベルトレは最多安打だったがカブレラに受賞を譲った。
ハーディは初受賞、昨年はデレク・ジーターだった。
トリ・ハンターは3年ぶり2回目。
オルティーズは歴代1位の6回目。2位はエドガー・マルチネスの4回。
トラウトは新人王の年に続いて連続受賞。
アリーグの平均年齢は29.9歳。

ナショナルリーグ

SS2013-NL


一目でフレッシュな顔ぶれであることが分かる。複数回受賞はデズモンド、ブルース、マカッチェンだけ。
少し前の常連だったプホルズ、ライアン・ブラウン、アトレーなどに代わって20代半ば、キャリア2,3年の新人がたくさん出てきた。
最近、ナリーグの方が活気がある感じがするのはこのためだろう。
ナリーグの平均年齢は27.8歳だ。ミネソタで長くレギュラーだったカダイヤが初の首位打者を取って初受賞しているが、彼を除くと27歳になる。



ゴールドシュミットの登場によって、MVP候補の常連、ジョーイ・ボットはまた選ばれず。彼は1度も受賞していない。
秋信守も素晴らしい成績だったが選ばれなかった。
SSは、優秀な成績を挙げても同じポジションにさらに好成績の選手がいれば選ばれない。価値の高い賞だと言えるだろう。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。




「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。




広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。ホークス、外国人選手のランキング

Classic Stats