迂闊なことに10月にクラシックSTATS鑑賞でおなじみの「たばとも」さんから、2013年NPB選手の守備位置別のイニングのデータをいただいていた。
これにもとづいて、各守備位置別の詳細なデータを紹介する。まず投手。

tabatomoたばともさんデータ


投手はIPのデータはもともとある。
RFはレンジファクター、つまり守備範囲を示すデータ。RF9は9イニングあたりのRF(PO+A+E)/IP×9、RFGは1試合当たりのRF(PO+A+E)/G、RF27は打者27人当たりのRF(PO+A+E)/BF×27。これにSO9 SO/IP×9をつけた。
なぜSO9を付けたかと言うと、投手のRFは、奪三振が少ない投手ほど大きくなる。そのことを確かめたかったからだ。
さらにPF%は、奪三振以外のアウトに対する(PO+A)の比率。投手の守備範囲はこの数字に表れるのではないか。もっとも投ゴロを打たせるのがうまいとも解釈できるが。
規定投球回数以上と、未達で50回以上投げた投手。RF9順。セリーグ

P-CL-RF


例外はあるが、SO9の大きい投手はRFが小さくなることがわかる。

内海はRF9でもPF%でも1位。フィールディングが良い投手と言えるのではないか。守備率は.959だが、刺殺数でもリーグ1位だ。

ゴールデングラブ賞は前田健太だったが、守備率は規定投球回数以上では最低。守備範囲を示す数値も良くない。数字ではなく印象で与えた賞だと言えよう。

規定投球回数未満では久保康友の数字が秀でている。確かにこの投手はフィールディングが巧みだ。

奪三振率が群を抜くマシソンは、RF関係では最下位。これは納得がいく。

パリーグ

P-PL-F




牧田和久がRF9とPF%でトップ。意外なのはSO9で2位の金子がRF9で2位であること。この投手は三振も良く奪うが投ゴロなども良く打たせるのだ。
ゴールデングラブの田中は数字としては平凡だ。

規定投球回数未満ではディクソン。この投手は規定投球回数以上の投手を含めて刺殺が一番多い。打たせて取るタイプであり、しかも守備もうまいと言えよう。

こうしてみても、守備成績のデータ化は難しいことが分かる。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。1962年のパリーグ、救援投手陣

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。





「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。




広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。