MLB30球団で最大の戦力ダウンをした。すべての不幸に一度に見舞われたような、息を呑むような荒廃ぶりだった。
2012年と13年の打撃成績、下段、RCの下の%は、RCの増減率。えんじ色は規定打席到達

NYY-H


ラッセル・マーティンがFAでパイレーツへ、彼は新しいチームでポストシーズン進出の牽引車に。

タシェアラは昨年から故障がちだったが、手首を負傷し、ほぼ1年を棒に振った。

カノは一人元気。しかし好不調の波もあった。

ジーターは、昨年ポストシーズンに足首を骨折、彼もほぼ1年を棒に振った。

今やMLB最大の不良債権、A-RODは、左股関節の手術明け、マイアミ・スキャンダルで来年末までの出場停止になるところだったが、異議申し立てによって暫定的に出場。とはいっても成績どころの話ではなかった。

外野はニック・スイッシャ―が移籍、当初はガードナー、グランダーソン、イチローで行く予定だったが、グランダーソンが腕を骨折。

結局、当初のレギュラー陣で故障知らずはイチローだけだったが、昨年の勢いは影を潜めた。



代役として捕手にクリス・スチュアート、一塁にライル・オーバーベイ、マーク・レイノルズ、三塁にケビン・ユーキリス、ユーキリスが故障するとジェイソン・ニックス、遊撃にヌニェス、ブレンダン・ライアン、リード・ブリニャック、外野にアルフォンソ・ソリアーノ、バーノン・ウェルズ、トラビス・ハフナー。

どこかで聞いたことのあるような一流選手の名前が入れ代わり立ち代わり打線に並んだが、短期間には活躍するものの、結果としては誰一人として穴埋めはできなかった。

昨年使った野手の数は22人だが今年は32人。苦悩はここに見て取れる。
選手を育てる時間が与えられず、今すぐに勝つ事を強いられるヤンキースは、金で白星を買おうとしたのだ。

しかしそれは叶わなかった。他のチームから簡単に引き抜くことができる選手は、結局、勝ち星を稼いではくれないのだ。

来季はカノが移籍、大型補強を敢行するが悩ましい状況であるのは間違いがない。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。1962年のパリーグ、救援投手陣

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。





「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。




広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。