投手陣はざっくりいえば「昨年並み」ではあったのだ。
2012年と13年の投手成績 えんじ色は規定投球回数到達 下段、DIPSの下の%は、DIPSの増減率

NYY-P


黒田博樹とCCサバシア、左右の両エースは、昨年とそん色ない投球回を投げた。
しかしながら、夏以降両者ともにクオリティが落ち、不安いっぱいの登板となった。
特にCCは球威が無くなり、簡単に安打を許すようになった。黒田も終盤になって、粘りのない登板に終始した。

3番手には復帰したペティット、さらにヒューズ、ノヴァ、フェルプスと続いた。

もともとこのチームは、大投手が君臨するような野球はしない。圧倒的な攻撃力を背景に、投手は失点しながらもQS程度のまとまりはつける。そして勝ち星を重ねていく。

その前提たる「攻撃力」が並み以下にまで落ちた時点で、破たんするのは当然のことだった。



MLBが生んだ最高のクローザー、マリアノ・リベラはシーズン前に「この1年で引退する」と宣言して投げた。時折破たんしたが「腐っても鯛」ではあった。

それに続く投手はデビッド・ロバートソンだけ。生え抜きのチェンバレンも並み以下の救援投手になった。

来年はこの中からペティットとリベラが抜ける。贅沢税、A-ROD、タシェアラ、ジーターらの巨額年俸などの制約の中で、ヤンキースは王者の矜持を必死に守ろうとしているのだ。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。1962年のパリーグ、救援投手陣

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。





「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。




広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。