MLBファンなら、ヤンキースは日本人投手にとって、決して甘くはない職場だと言うことはご存じのはずだ。
本当の金持ちとは「大金をはたいて買ったものでも、気に入らなければ躊躇なく屑籠へ捨てる」ことができる人だと思う。
もったいないからと言って転売したり、他の使い道を考えたりするのは貧乏人の発想だ。

ヤンキースで投げた日本人投手の記録

NYY-Japanese Pitcher


伊良部秀輝の入団の際は、ニューヨークのルドルフ・ジュリアーニ市長が直々に出迎えた。
4年1280万ドルのメジャー契約だった。
しかし、伊良部は速球こそ速かったが制球が悪い上に、好不調の波が大きかった。またメディアや周囲と絶えず軋轢を生じたので、4年契約の3年目のオフにはモントリオール・エキスポズにトレードされた。

井川慶は、ボストンとの松坂大輔の争奪戦に敗れたヤンキースが、ポスティングシステムで落札。入札金は2600万ドル(田中より多い!)、5年2000万ドル+出来高。
しかし4月7日の初先発以降不振が続くと、夏にはマイナー落ち、以後、翌年に2試合だけ登板の機会を与えたものの、あとは5年間、マイナーで飼い殺しにした。
スクラントン・ウィクスバーレで井川は33勝22敗の成績を上げた。



この二人の例で分かるのは、ヤンキースは「自己管理ができない選手が嫌いだ」ということだ。

不摂生の挙句、当時のパパ・スタインブレナーオーナーから「太ったヒキガエル」と呼ばれた伊良部、マイナー落ちしてもラジコン飛行機や将棋に没頭するなど危機感が見られずキャッシュマンGMから「獲得は失敗だった」と言われた井川慶。

トップリーグのトップチームにはふさわしくないとみなされたのだろう。

黒田博樹は地味ではあるが、こうしたヤンキースの「基準」をクリアして信頼を勝ち得た。
厳しい境遇に置かれながらもリスペクトされているイチローも、伊良部や井川とは対照的な選手なのだろう。

ヤンキースでは「素質」や「可能性」ではなく、完成度の高い「商品」であることを求められるのだ。

田中将大は「自己管理」という点では、伊良部や井川の轍を踏むことはないと思えるが、シーズン序盤で調子が上がらないと、ローテーションから外されたり、マイナー落ちする可能性もある。
なんとしてもポストシーズンに進出しなければならないヤンキースは、田中を見切るのも早いのではないかと思う(もちろん、復活のチャンスは与えるだろうが)。

手のひらを返すのが早いのも「本当のお金持ち」ならではだ。
とにかく、万全の体調で、4月のうちに結果を残してほしい。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。 史上最高の先発投手は小山正明だ!

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。





「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。




広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。