イチローとマイケル・ヤングの安打数を比較していて、二人とも2001年、つまり21世紀最初の年にMLB初安打を打っていることに気が付いた。
恐らくこの二人が現時点での今世紀の最多安打1、2位だと思うが、ランキングを調べてみた。
2001年以降のMLB最多安打20傑。
えんじ色太字はアリーグ最多安打、青色太字はナリーグ最多安打

Hits2013-MLB


予想通りイチロー、ヤングが1、2位、3位にもイチローとMLB同期のプホルズ。
続いてジーター、ロリンズ、ピエール。プホルズを除くと打席数が良く回ってくる上位打者が多い。
その下にベルトレ、ソリアーノ。三冠王のカブレラは2003年デビューだが早くも2000本に迫っている。

この顔ぶれの中で13年連続で100安打以上しているのはイチロー、ヤング、プホルズ、ベルトレ、ソリアーノ、ハンター、コネルコの7人。故障知らずの長もち選手たちだ。

イチローも含めて、この顔ぶれの多くは、キャリアの終盤を迎えようとしている。MLBは世代交代期にある。

NPBの同じ記録も調べてみた。
オレンジ色の太字がセリーグ最多安打、緑色太字はパリーグ最多安打

Michael Young-03




誠に皮肉なことにMLBの最多安打はNPB出身者、NPBの最多安打はMLB出身者だ。
ラミレスはイチローと同じような打者だということもできよう。
2000本以上はラミだけ。1800本以上も和田一浩だけ。1500本以上は10人。

ずっと100安打を打ち続けている打者は皆無。和田と阿部慎之助が12年。
引退した打者は金本、宮本。MLBに移籍したのが川崎。ラミレス、カブレラの去就は不明だ。

長く活躍することのむずかしさを実感する表ではある。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。 坂崎一彦、全本塁打&対投手別本塁打数

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。





「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。




広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。