私が日ごろ愛読させていただいている野球ブログの動静。2回目。
1.蛭間豊章記者のBaseball Inside

出でよ、セ・リーグの日本人スラッガー(第761回)

報知新聞内の公式ブログ。
蛭間記者は、文章の内容が一発で分かる見出しを付けられる。新聞記者の基本だろうが、親切である。見習うべし。
タイトル通りの内容。セ・リーグの打撃三冠が外国人に独占される状況を憂いておられる。選手育成法と、作戦面と両方に問題があろう。

2.豊浦彰太郎のMLBブログ

J Sports野球好きコラム ぼくたちが見てきた昭和のプロ野球 第4回 衣笠祥雄2131試合連続出場

J Sportsにリンクされており、全部読むためにはJ Sportsに飛ぶことになる。
同世代の私にとって、豊浦さんのぼくたちが見てきた昭和のプロ野球 シリーズは懐かしい。
「連続試合出場記録」という記録が、「記録のための記録」であることを、いろいろな例を引いて紹介しておられる。同感である。

3.職業野球!実況中継

競馬会のイチロー

戦前の職業野球のスコアカードを1つ1つ読み解いて紹介すると言う気の遠くなるような作業をしておられる。すでに昭和16年。
月に一度顔を合わせるのだが、ときどきたばともさんらと競馬の話を楽しげにしておられる。私は全くの門外漢なので話に加われないのだが、野球と競馬には一脈通じるものがあるようだ。

4. shibakawaの楽天イーグルス応援ブログ

田中マー君の経済効果を他の有名どころと比べてみた。ふなっしー>東国原英夫>くまモン>田中将大>AKB48総選挙

経済効果というのは、どこまで信ぴょう性があるかわからないが、田中将大はふなっしーやくまモンに負けているそうな。プロ野球の経営は難しいなと思う。

5.YAKYUJO.COM

YAKYUJO.COM

2014年 プロ野球公式戦が開催される地方球場

今季、プロ野球が開催される地方球場をリストアップ。驚くべきことに、その過半はYAKYUJO.COMさんの手でビジュアル化されている。
これは本当に貴重である。

姉妹サイトでは、古今東西の野球場についての各種データと野球場の大きさ、広さを比較することができる。
目からウロコの発見も多い。
アーカイブサイト

6.バックスクリーンの下で

かぶり物

今年からMLBでは、投手の緩衝材付のヘルメットの仕様がOKになった。ピッチャーライナーによる事故の防止対策だ。しかし、これ格好悪いのだ。普及しないだろうと思う。

ブログではこれを「かぶり物」と見て、いろんなエピソードを紹介している。

7.日刊埼玉西武ライオンズ

故障者を減らし優勝を目指している伊原春樹監督

地味でややわかりにくい伊原春樹監督の考え方を紹介している。
伊原監督は春季キャンプのテーマの一つに、「怪我をしないための土台作り」を挙げて、それを実行しつつあるとのこと。
こういうのを「玄人好みのする」見方というのだろう。勉強になる。

8. あい ウオッチ baseball!!-敗戦処理。ブログ

あい ウオッチ BASEBALL!!-敗戦処理。ブログ 9年目に突入

だそうである。

その上で

清原和博の“夢のドリーム”

例のビール系飲料のCMの最新作で、東京ドームで清原が三振するシーンを取り上げておられる。
今や「芸人」に近い清原だが、野球人として活躍してほしいとの意見。同感だ。

9.週刊スージー スージー硬式サイト

大阪文化を自分で矮小化する大阪人(その2)

「週刊ベースボール」のコラムでおなじみの野球文化評論家。

野球の話ではないが、大阪をフランチャイズとし、東京で活躍する論客が、増幅され、ゆがんでいく「大阪イメージ」に対して異議申し立てをしておられる。
氏によれば、大阪文化の絶頂は野球史でいえば「江夏豊から掛布雅之まで」が活躍した時代だと言う。
そうかもしれない。阪神は決して強くはなかったが、応援の仕方にも、負けたときの嘆き方にも味があった。
「掛布コール」くらいまでは、阪神の応援にもめりはりがあり、それなりの味わいがあった。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。 本塁打大全 ぜひリクエストを!

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。





「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。




広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。