RSAAにはいろいろ議論の余地はあるが、とりあえず2013年MLBについてもRSAAでランキングしてみよう。アリーグ

RSAA=(リーグ平均失点率-失点率)×投球回÷9

なかなか日本のファンにはうれしい結果となっている。

MLBの2013年のRSAAランキング 
アリーグ 2013年登板した投手は353人いる。トップ50と日本人選手(グレー地)

MLB-RSAA-AL-B


岩隈久志が1位。ダルビッシュがシャーザーを抑えて4位。失点が少なくて投球回数が多い投手が上位に来る。
シャーザーはダルより失点率が悪いのだ。
岩隈よりもフェリックス・ヘルナンデスが下位であることにも注目。

岩隈は指の故障で開幕が微妙になっているが、大事に至らないでほしいところだ。

そして救援投手ながら上原浩治が10位に来ている。これは納得性が高い。救援投手としてはグレッグ・ホランドを抜いて1位だ。

黒田は14位。ヤンキースでは1位。CCサバシアは331位。足を引っ張っている。

マリアノ・リベラは救援投手としては5番目の36位にいる。

田澤は50位以内には入らず74位。岡島は辛うじてマイナスではなかった。

ワースト50

MLB-RSAA-AL-W




先発投手として期待を裏切った面々がずらっと並ぶ。先ほど言ったようにCCサバシアもいる。
MLBはNPBよりも投手の格差が大きいと感じられる。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


3月8日店頭に並びます。アマゾンで予約受付中!





クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。 デーブ・ロバーツ本塁打大全

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。






広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。