例によってお金のかかる補強はしなかったが、内野を中心に若手の成長が著しい。
えんじ色は規定打席以上

HC-H


菊池、堂林を中心とする内野陣は、すでにセリーグ一の陣容だ。守備範囲の広さは圧倒的だ。打者としても粗削りながら成長途上にある。

生産性の高い丸が上位に座っていることも大きい。打率以上に出塁率の高さでチームに大きく貢献している。

主軸はやや貧弱ではあるが、キラ、エルドレッドはそれなりに計算ができよう。トータルでは巨人などとは差があるが、戦える体制になりつつある。

問題は捕手だろう。石原、倉に続く選手が見えてこない。またベテラン栗原も厳しいところにいる。

新外国人のロサリオはカープアカデミー出身。

Rosario


秋季キャンプでのテストを経て入団。マイナーでの実績は乏しいが、がっちりした巨漢。ひょっとすれば、という期待もある。

今季はいろいろな意味でチャンスだと思われる。ポストシーズン進出を前提として、それ以上を目指したいところだ。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


ここでエンドランをやるバカはいないでしょう 関根潤三

3月8日店頭に並びます。アマゾンで予約受付中!





クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。 松原誠本塁打大全

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。






広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。