いつも思うのだが、セリーグで「補強」らしき補強をするのは巨人だけだ。他のチームは穴が開いたら開きっぱなし。こういうところが白けてしまう。やる気があるのかと思う。
えんじ色は規定打席以上

YG-H


小笠原、谷、脇谷が移籍。中日から井端、西武から片岡とレギュラー級が加入。内野は厚みが増した。

柱と恃む阿部慎之助への負担が深刻になりつつあるが、ドラ1でアマチュアNo.1捕手の小林を獲得した。

懸念される部分に選手を補強している。井端は順当に行けば控えである。選手本位で考えれば理不尽な補強だと思うが、チームとしては手厚い補強だ。

坂本が昨年8月以降、203打数43安打の.212と低迷したのは懸念材料だ。また長野も成績を落としている。

その分、村田が後半大爆発したが、必ずしも安泰だとは言えない。

アンダーソンは面白い存在だ。

YG-Anderson


キューバからタンパベイを経て巨人へ。MLB経験はない。キューバ出身の選手は今季オリックスに入ったベタンコートなど何人かいるが、MLB未昇格、出世前での加入は初めてだ。

成績を見れば中距離打者。マイナーでの成績も悪くはない。31歳と年を食っているが期待できるのではないか。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


独特の腰つきしとります 達川光男 

3月8日発売。アマゾンでも販売中!





クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。 樋笠一夫本塁打大全

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。






広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。