昨年後半の追い込みは素晴らしかったが、オフの補強は首をかしげざるを得ない。
えんじ色は規定打席以上

SL-H


FAで片岡治大が巨人に移籍。脇谷が人的補償で入る。ヘルマンとの契約も不調でオリックスに。
スピリー、オーティズの両外国人は引退。嶋も引退。

大まかに言えば、引き算だけであった。
補強をあまりしなかった根拠は無くはない。
昨年打点王に輝いた浅村、秋山、栗山に金子、鬼崎と期待できる選手が多い。また中村剛也も手術明けでリハビリ期間を過ぎた。
要するにそういう含み益を見越しているのだ。

しかしこういう皮算用が100%うまくいくことは少ない。
新外国人はランサム。最近珍しい38歳のベテラン。

SL-Ransom


率直に言ってまだやっていたか、というおとっつぁんである。守備はユーティリティ、しかし打撃はいまいちだから、MLBでレギュラーになったことはない。
ヘルマンより守備は良いだろうが、彼のような出塁率は難しいだろう。

積極的とはとても言えない陣容だ。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


やいと(お灸)すえられたんやね 福本豊

好評発売中。アマゾンでも!





クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。 レインズ本塁打大全

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。






広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。