開幕2試合が経過したが、NPBの新外国人(育成枠除く)について見ていきたい。
投手は11人いる。
右端に年俸を入れた。単位は億円。+は出来高あり。
ABCランキングを付けた。

NPB-GIKOKU-P


私が新外国人の獲得は「補強」ではないと言っているのは、この表を見ていただければわかると思う。
今のNPB球団はリスクになるような外国人選手は取りに行かないのである。

ほとんどが1億円以下の安い選手。成績も中途半端、そして結果も中途半端。
外国人枠の予算内で買い物をしているだけだ。

もちろん、安い掘り出し物を獲得するのも編成、海外スカウトの手腕ではあろう。しかし、この中で思い入れのようなものを感じるのは阪神の吳昇桓くらいではないだろうか。

毎年のように新外国人が現れてはファンの記憶に残ることなく消えていく。
単なる「欠員補充」「保険」のような気がして仕方がない。

各投手のキャリアSTATSは以下から

■ヤクルト
クリス・カーペンター
クリス・ナーブソン

■DeNA
ギレルモ・モスコーソ

■広島
ザック・フィリップス

■阪神
吳昇桓

■巨人
クリス・セドン

■日本ハム
ルイス・メンドーサ
マイケル・クロッタ

■西武
マイケル・ボウデン
グレッグ・レイノルズ

■楽天
トラビス・ブラックリー

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


そうですね、は流行語だった?

好評発売中。アマゾンでも!





クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。 江尻亮本塁打大全

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。






広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。