野手は12人が新たに日本にやってきた。
右端に年俸を入れた。単位は億円。+は出来高あり。
ABCランキングを付けた。

NPB-GIKOKU-H


年俸1億円以上は3人。

ケビン・ユーキリスは400万ドル+出来高100万ドル。
昨年は1200万ドルだったが、今の彼に500万ドルも払うMLBチームはない。彼の本音では、1年NPBでいいところを見せてMLBに復帰するというところだろう。

対照的にベタンコートは「終わった感」のある選手だ。クレバーになれなかったことで評価が下がった。

この二人は堂々たるMLBプレイヤーであり、通用するかどうかぜひ見てみたいと思わせる。

コディ・ランソムやルイス・クルーズのように非力でMLBでは通用しなかった選手がどうなるかも気になるところだ。

意外にやりそうなのが、巨人のアンダーソンと中日のエルナンデス。反応が良さそうな選手だと言う印象。

投手同様、野手も「お手軽補強」が目立つ。しかし大物が入ったことで期待感は投手よりましだ。

各投手のキャリアSTATSは以下から

■中日
アンダーソン・エルナンデス
アレクシス・ゴメス

■広島
ライネル・ロサリオ

■阪神
マウロ・ゴメス

■巨人
レスリー・アンダーソン

■日本ハム
ホアン・ミランダ

■オリックス
ユニエスキ・ベタンコート

■ソフトバンク
バーバロ・カニザレス

■ロッテ
ルイス・クルーズ
チャド・ハフマン

■西武
コディ・ランサム

■楽天
ケビン・ユーキリス

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


フィリーズは江戸っ子みたいなもの 池井優

好評発売中。アマゾンでも!





クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。 江尻亮本塁打大全

Classic Stats



『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。






広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。