この年の大学生は江川世代である。
通算安打=Hと通算勝利数=W セーブ=S、そしてH=1ポイント、W=10ポイント、S=5ポイントでチームごと、リーグごとのポイントをつけた。グレー地は入団拒否。えんじ色は移籍。移籍後の記録は加算していない。ただし元のチームに復帰した時はその数字も加算。
要するにドラフトで獲得した選手が、直接的にどれだけ貢献したかを数値化。

1977


巨人は早稲田の山倉。高校時代から将来を嘱望された捕手。吉田の後釜となったが、レギュラーは8年だけだった。
高校生は私の同い年、鈴木康友は天理高校。郡山高の米村理と並び称される好打者だった。
大成しなかったが、今は楽天コーチ。

中日は69年ロッテ、71年ヤクルト、73年近鉄、76年日本ハムの指名を蹴って、5度目のドラフトで入団した藤沢。79年に13勝を挙げ新人王となるが、以後は鳴かず飛ばず。
2位の小松辰雄が、エースとして長く活躍した。

阪神は先発、救援で長く活躍した伊藤。改名が多かった。
植松は江川のいた法政の中軸。期待されたがレギュラーにはなれなかった。

広島の達川は広島商時代、江川を打ち崩した時の捕手。80年台を代表する捕手に。

ヤクルトの柳原は大型打者として期待されるが伸びず、近鉄に移籍して619安打。しかし4位の尾花が松岡弘の後のエースに。

大洋は妻子持ち新人で話題になった門田、しかしエースになったのは遠藤一彦。江川のライバルだった。

南海は、この年野村克也が追放されている。新日鐵堺の強打の捕手、中出を取ったのはそのためかと思われるが、活躍できなかった。新日鐵堺では中出は尾花とバッテリーを組んでいた。

日本ハムは勝負強い三塁手古屋と、強肩強打の名捕手田村。大収穫だ。

クラウンは江川卓を指名するも蹴られる。良川は大阪府屈指の好投手だったが1軍出場なし。今は審判。

阪急は甲子園を沸かせた松本と三浦をダブルで獲得するが、玉三郎事三浦が少し活躍した程度。米村は指導者になる。小林はしぶとい左の代打として活躍。

ロッテは江川の相棒、袴田。佐藤兼伊知は強打の遊撃手。ともに80年代の主力選手となった。

近鉄は、智辯の山口。「ゴジラ目」と言われ少し活躍したが、盛りは短かかった。香川正人はルーキーイヤーだけだった。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
種茂雅之、全本塁打一覧|本塁打大全


広尾晃、3冊目の本が出ました。