このチームも選手の動きはあまりなかったが、チーム力は整備されつつある。

2013年と2014年の陣容の比較。投手を除くすべての打者。文字のえんじ色は規定打席以上。
2013年のグレーは移籍した選手。2014年のえんじ色地は新加入。薄緑色はマイナーからの昇格。*は左打ち。♯は両打ち。
表外のRankは、リーグ15球団のランク。

TOR-H


捕手のアレンシビアと二塁のボニファシオ、俊足のラジャイ・デービスが抜けて、打撃が良い捕手のナバーロが入った。
二塁は正選手が決まらなかったが、川崎が一番多く守った。

捕手の攻撃力が大幅アップ。そしてリーグの打撃水準が下がる中で、トロントは打撃力をアップさせた。
主砲のバイティスタはほぼフル出場して打率、本塁打、打点ともに大幅アップ、メルキー・カブレラは薬抜きでも好打者であることを証明。レイエスもシーズンを通して働くことができた。
エンカルナシオンは前年同様の働き。

デービスが抜けたために盗塁は減ったが、リーグでもトップクラスの打線。
この打線が維持できるのなら、来季も期待できよう。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1972年安田猛、全登板成績



広尾晃、3冊目の本が出ました。