打力に注目が集まるが、オリオールズの投手陣は堅実だった。
2013年と2014年の陣容の比較。投手を除くすべての打者。文字のえんじ色は規定投球回数以上。
2013年のグレーは移籍した選手。2014年のえんじ色地は新加入。薄緑色はマイナーからの昇格。*は左投げ。
表外のRankは、リーグ15球団のランク。

BAL-P


ハメル、フェルドマンが抜けたがそれほど大きな穴ではなかった。
昨年は故障でフルに働けなかった陳偉殷がエースにのし上がる。あまり報じられないが、これもNPBの投手のレベルの高さを物語るファクトだろう。
ティルマンも昨年同様の働き、さらにノリスが陳、ティルマンに劣らない働き。ゴンザレスも規定投球回数には達しなかったが二ケタ。
ヒメネスは今年も期待に応えられなかったが、先発投手陣は盤石。

それに加えて救援陣。クローザーのジム・ジョンソンが出たが、彼は昨年後半には下り坂だった。
これに代わって若いザック・ブリットンが素晴らしい働き。さらにオデイもリーグ屈指のセットアッパーに。
今、日本に来ているトミー・ハンターも活躍。救援陣も充実した。

2年前、ショーウォルター監督は「投げさせて調子の良いものを先発に使う」という感じだったが、そこから2年、素晴らしい投手陣が出来上がった。

打撃は水物だが、投手陣は多少顔ぶれは変わっても数年は充実しているのではないか。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1972年高橋直樹、全登板成績



広尾晃、3冊目の本が出ました。