落合GMのブレない考え方が、この表に凝縮されている。
2013年と2014年の陣容の比較。文字のえんじ色は規定投球回数以上。
2013年のグレーは移籍した選手。2014年のえんじ色地は新加入。薄緑色は一軍初出場。ブルーは新外国人。表外のRankは、リーグ6球団のランク。

CD-P


外国人ブラッドリー、マドリガルを放出。中田賢一はソフトバンクへ。辻、清水は戦力外。
迎えた2014年、新外国人も、移籍選手もただの一人も一軍のマウンドに立つことはなかった。

投げたのは既存選手と、ドラフトで獲得した選手だけ。
NPBのプレビューを始めて5年になるが、こんな陣容は初めて見た。

落合GMの「金を掛けない補強」が、ここにはっきり表れている。

中日は確信を持って新人選手を選択し、育成、起用を行っている。四国アイランドリーグPlusの又吉を2位で獲得したのもその表れ。彼と祖父江はセットアッパーで起用。

2年目の福谷には、クローザーの適性を試した。3年目の濱田は先発で起用。

老朽化しつつある先発、救援の世代交代を、最低限のコストで行おうとしているのだ。

来季は世代交代が進み、投手陣はさらに強化されることだろう。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
大田卓司、全本塁打一覧|本塁打大全




広尾晃、3冊目の本が出ました。