ドラフト通史の補遺として、1965年から1990年までのドラフト外選手の成績も追いかける。
通算安打=Hと通算勝利数=W セーブ=S、そしてH=1ポイント、W=10ポイント、S=5ポイントでチームごと、リーグごとのポイントをつけた。えんじ色は移籍。移籍後の記録は加算していない。ただし元のチームに復帰した時はその数字も加算。要するにドラフト外で獲得した選手が、直接的にどれだけ貢献したかを数値化。

Gai1965-1969


1965年、ドラフト元年。ドラフト外は4人だけ。北角富士雄は東邦高校から。救援で3年間86試合に投げた。阪急に移籍したが1軍登板はなかった。2008年に物故している。

1966年、ドラフトが2回あった年。巨人は強打で知られた控え捕手の矢沢。サンケイはユーテリティプレイヤーとしてロッテでも280安打した井上洋一。キャリアは18年に及んだ。
大洋は、中軸を打った捕手、福島。のち久晃と改名。プロゴルファー福島晃子の父だ。このチームは伊藤勲、福島と強打の捕手が2枚いた。
そして西鉄。基満男もドラフト外だった。大洋で279安打。今なら2000本までいった打者だろう。

1967年は中日で14安打、ライオンズで37安打した内野手の日野が出た程度。日野は引退後、内野守備の名指導者となった。しかし他の選手はすべて外れ。サンケイは11人も獲得したが1軍の試合に出たのは2人だけ。

1968年は史上空前のドラフト豊作年。巨人はドラフトでは一人負けだったが、ドラフト外で大投手二人を獲得。高校中退の新浦は大洋での成績も含め、116勝39セーブ。松原は巨人では働かなかったが、南海、広島で91勝9セーブ。後に福士敬章と改名。二人とも韓国籍で新浦はKBOで25勝で最多勝の年を含む54勝3セーブ、松原は張明夫の名で、KBO記録の30勝の年を含み55勝18セーブ。こうしてみると二人のキャリアは非常によく似ている。松原は故人。
阪神は掛布の前の正三塁手の後藤、サンケイはこの年も8人のドラフト外を取ったが1軍でプレーしたのは1人だけ。
パリーグ各球団も11人を取ったが活躍した選手はいなかった。

1969年、今年からDeNAのコーチになった坪井智哉の父である坪井新三郎がでた。PL学園出身。サンケイは内野のユーティリティとしてヤクルト、日本ハムで活躍した中村国昭。広島の久保俊巳も内野のユーティリティとして広島、日本ハムで活躍。
東映の八重沢は三沢髙で太田幸司のチームメイト。彼も内野手。貧打だった。
そして西鉄の加藤博一はのち、大洋で「スーパーカートリオ」で売り出した。阪神、大洋で628安打。引退後はタレントとして活躍したが、2008年に56歳で死去。



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
山村善則、チーム別&投手別&球場別本塁打数|本塁打大全



広尾晃、3冊目の本が出ました。