ベースボール・チャンネルに出した記事で、「イチローの打順別の打率を出すのなら、スタメンだけにしないと」とご指摘を頂いた。
報知新聞の蛭間豊章記者。ありがたいことにずっと見ていただいている。
その記事はYahoo!に載ってしまったのでもう修正はきかない。
でも、改めてデータを出してみる。Baseball Referenceには出ていないので、手作業だ。。

まず、イチローの途中出場での打順別成績。

Ichiro-stamen01


代打、代走、守備固めで入ったケースでの成績。ほとんどがヤンキース時代。下位の打順に入ることが多い。
イチローの場合、外野手の打順に代打、代走で入ることが多い。そのまま守備に就くことができるからだ。
やはり7、8番での成績が良い。

そしてスタメンでの打順別成績

Ichiro-stamen02


イチローはスタメン4番は一度もなかったが、他の打順ではすべてスタメンを経験している。
8番での打撃成績が良いことを改めて確認。

柏木の師匠こと六代目三遊亭圓生師に「だめでげす」とダメ出しを食らった噺家のような心持で改めてデータを紹介した次第。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
桑田武、全本塁打一覧(後編・1964~1968)


広尾晃、3冊目の本が出ました。