不作の5年間。他球団に行って花が咲いた選手が多い。前年までのドラフトの成功で、チームの層が厚くなっていたからだろう。

通算安打=Hと通算勝利数=W セーブ=S、そしてH=1ポイント、W=10ポイント、S=5ポイント。移籍後の記録は加算していない。ただし元のチームに復帰した時はその数字も加算。要するにドラフトで獲得した選手が、直接的にどれだけ貢献したかを数値化。赤枠は逆指名。

D-00-04


2000年、逆指名の洗平竜也はノーコン。イップスに悩んだ挙句早々に退団。岡本が救援で活躍。土谷鉄平は、鉄平として楽天で首位打者を取ったのちにオリックス。

2001年、遅咲きの山井大介がようやく先発投手として開花しつつある。セットアッパーの高橋聡文もこの年。

2002年、森岡良介はヤクルト移籍後主力選手になっている。

2003年、今季から巨人の育成選手になった堂上兄が出た程度。

2004年、12人も獲得したのは、前年までのドラフトの不振で、ベテランが増えすぎたからだろう。
初の自由獲得枠の樋口龍美は、一軍での登板なし。中田賢一は先発、救援で活躍した後にソフトバンクに移籍。石井裕也は横浜、日ハムで救援投手として活躍。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
桑田武、全本塁打一覧(後編・1964~1968)


広尾晃、3冊目の本が出ました。